新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

紫外線や薬品による脱色

濃い色のパーカー、日焼けによる色ハゲの修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

「保管していたら、何だか分からないけど色が抜けていた」とご依頼を頂いたお品物。

濃い焦げ茶色のパーカー(綿)のフード部分から肩にかけて色ハゲが見られます。

おそらく保管中に紫外線や蛍光灯の光によって退色してしまったものと思われます。

お店に色が抜けてしまった品物を持ち込まれ「しみ抜きできますか?」とお問い合わせ頂く事がございますが、

色が抜けてしまった物は『しみ抜き』では対処できません。

色ハゲの場合は【元々の色が無くなってしまった】ので、無くなった色を補っていく作業となります。

今回は、クリーニング後に「染色補正」により修正いたしました。

広範囲による色ハゲの場合、修正後に違和感が出る可能性もありましたが、

気になるような違和感も無く修正できて良かったです。

お気に入りのお品物の「色ハゲ」でお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

綿バッグの色褪せトラブル、色掛け修正の事例。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

綿の濃紺バッグが紫外線の影響により「色褪せ」してしまった品物の事例です。

【修正 前】の画像を見ても分かる通り、バッグの蓋で隠れていた部分の色褪せはあまりありませんでした。

【修正 後】の画像でバッグ蓋部分の裏側は、ほぼ元の色合いが残っていると思われますので、こちらの色を基準として修正を行いました。

色褪せた部分と色が残っている部分の色目の段差を出さないようにする事が大事なのですが、

それ以前に、最初はなかなか色が入らず苦労しましたが何とか修正できたと思います。

実際に品物を良く見れば多少の色の段差が出てしまいましたが、お客様には満足頂けたようなので良かったです。

大切なお品物の『色褪せ』トラブルでお困りでしたら、染み抜き自慢のクリーニング店、稲村ドライへご相談ください。

綿シャツの襟が赤く変色!?色剥げ修正。

染色補正 前

染色補正 後

黒色の綿シャツの襟が、汗と紫外線により退色して色が変わってしまった事例です。

今回のように「襟の部分」の場合は、お客様も『色ハゲ』が原因だと判断が出来ると思いますが、

それ以外の普通では『色ハゲ』を起こす事のないような場所の場合は『シミ』と勘違いされる事もあるようです。

大体は『色ハゲ』を起こしたといえば、その部分は『白くなるもの』と思われてしまうので、「染み抜きをお願いします」とお持ち頂くことも度々あります。

今回お預かりした黒や紺のような濃い色の場合ですと「青系の色が退色」して赤く変化してしまうようです。

その訳は【色の三元色】によるものなのですが、今回は説明を省かせて頂きます。

そして修正をするにあたり、その【色の三元色】の原理を上手く使い「退色」した色を「補色」して元の色の状態に修正していきます。

文章にすると簡単なように思われてしまうかもしれませんが、これがなかなか上手く色を合わせる事が難しく、コレ!と言った習得方法もあまり無いので、結局は日々の修練とセンスにより習得して行くしかありません。

現在のクリーニング店では・・・『染み抜きをしている所』は結構見つかると思いますが、『染色補正までやれる所』はまだまだ少ない方だと思います。

貴方のタンスの中に「落ちないシミ」の付いた洋服は眠っていませんか!?

もしかして!そのシミ・・・「落ちないシミ」ではなく、「変色しているシミ」だったら・・・・

当店の『染色補正』でまた着用できるようになるかも知れません。

ご相談をお待ちしています。

カルバンクライン(Calvin Klein)日傘の「黄バミ落とし」と「染色補正」の事例。

染み抜き 前

染み抜き 後

今回は、カルバンクライン(Calvin Klein)の淡い紫色の日傘に、黄バミの筋が出来てしまった品物の事例です。

ご依頼頂く日傘の中でも濃い色の日傘は、紫外線などにより色が『 退色 』してしまっている物が多く見られますが、

淡い色の日傘の場合は黄色く筋状のシミ、『 変色 』をしている場合が多くあります。

その場合は、変色部分の染み抜き作業を行うわけですが、染み抜きをすれば「元の色」に戻るという訳には行かない事の方が多いです。

「白い日傘」の場合ですと比較的、染み抜きだけで済む場合が多いですが、今回のように淡い色の場合は、染み抜きをした後の地色が抜けている事が多いので、『染色補正』で修正をしなければなりません。

今回はお客様との相談で、「修正が難しい場合は元の色より濃い目の色で修正する事」をご了承頂けましたが、

出来る限り元の状態に戻せたら・・・と、色合わせの難しい淡い紫色でしたが、何とか染色補正で修正する事ができました。

お気に入りの日傘のトラブルでお困りでしたら、ご相談ください。

日傘クリーニング 日焼けによる色褪せ 染色補正

修正 前

修正 後

 

こちらの品物は、紫外線により黒色が退色してしまった「日傘」です。

日傘のお手入れなどメニューに無いと思っていたところ、こちら(クリーニング豆知識)を見て取り扱っていることを知り、お持ち頂いた事例です。

最初、全体の汚れを落とす為にウエットクリーニングをして、その後、色褪せた部分の染色補正をしました。

出来上がりを見たお客様は大変によろこんで頂き、早速当店よりお帰りになる際に日傘を差してお帰りになっていきました。

 

 

綿コーディロイ・ブルゾンの全体的な変退色

染色補正 前

染色補正 前

こちらも保管状況が悪かった(おそらくクローゼットには仕舞わず、部屋に掛けておいた)為に部分的に色剥げを起こしてました。これは、窓から差し込む紫外線や部屋の蛍光灯により、染色が侵され色剥げや色褪せを起す現象だと思われます。

染色補正 後

一般的に、お預かりした時よりクリーニング後の方が汚れなどが取り除かれる事により色の変化が顕著に現れる為、お客様自身が”色剥げ”が起きている事に気づかず店に出した場合、クリーニングが原因で色剥げが起こったと勘違いされる事があります。

今回は広範囲の修正の為、ピースガンで全体的に染色補正をしました。

ウールジャケット、原因不明の脱色

染色補正 前

染色補正 後

お客様自身はお気づきになっていなかった脱色でした。

袖口という箇所から、ご家庭で洗い物をした際に何らかの漂白剤が知らずに付いたものと思われます。

クリーニング後、染色補正で修正しました。

薄いグレーの中に僅かに赤色の混じった複雑な素材で、色を合わすのが難しい品物だった為苦労しました。

綿トートバッグの脱色

染色補正 前

染色補正 後

どうして脱色したのか原因は分からないのですが、「お気に入りのバッグなので、何とかなる様なら又使いたい」と言う事で依頼された品物です

クリーニング処理後に、ピースガンを使用して染色補正しました。

自分的にはもう少し綺麗にしてお返ししたかった所ですが、お客様には喜んで頂きました。これからも精進いたします。

シルクブラウス、薬品による脱色

染色補正 前

染色補正 後

お客様が掃除の時にカビ取りスプレーを使用した際、ブラウスにかかってしまい色が抜けてしまいました。
「インナーとしてしか着用出来ない」と半分諦め気味の相談をお受けしましたが、染色補正で何とか着れる状態までになりました。
”カビ取り剤”には塩素系漂白剤が入ってますので、使用には十分注意してください。

綿のコートの脱色・染色補正

染色補正 前

染色補正 後

お客様に確認したところ保管中に自然に出来てしまったとの事、知らないうちに何かが付いてしまい、脱色したのかもしれません。
広範囲の脱色ではなかったのが幸いでしたが、保管状況やお手入れが悪いととんでもない変退色を起こす事もありますので濃い色の品物は特に注意が必要です。