新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

古染み・黄変染み

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟の黄ばみ汚れ

染み抜き 前

染み抜き 後

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟が黄ばんでいたものの染み抜き事例。

素材は綿のレインコート。

着用すればどんな衣類も汚れてしまいます。

汚れは「普通に洗えば」ほとんど落とす事は可能ですが、時間が経ってしまうと酸化して黄ばんでしまいます。

そうなると「普通に洗って」も落ちない汚れに変化してしまうのです。

この事は以前から何度も色々な所で言われてきたことで、お客様も何となくは分かっていることだと思います。

しかし、1回しか着用していない・・・まだそんなに汚れていない・・・など、

知らず知らずのうちに汚れたまま放置し、『時間』が経過して【落ちにくい汚れ】に変化させてしまっているのです。

では、いつ洗えば良いの!? 

と、お考えでしょうが、私にもハッキリした洗うタイミングは分かりません。

1回でも着用したら・・・と言いたいところですが、現実的ではありませんし、

そこのところはお客様自身が衣類の状態を見てご判断されることだと思います。

一つ言える事として、「落ちにくい汚れ」に変化してしまうと染み抜き代も掛かってしまい経済的ではありませんし、

通常、クリーニングでは衣類が傷むことはありませんが、

汚れ(シミ)を落とす為に強い染み抜き剤を使用すれば通常の洗いよりは生地を傷める事もあるかも知れません。

大切なお洋服ならなおさら、日々衣類の状態を見て適切なメンテナンスのタイミングを計ってください。

大切なお洋服のメンテナンスは、稲村ドライへご相談ください。

綿ブラウス、全体に付いたシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

綿ブラウスに全体的にシミの付いた品物の染み抜き事例。

何かをひっくり返したのか??お品物を見て思った事は、

「これ程までにシミになっているという事はご本人様にも相当な被害があったのではないか?」と、心配になりました。

事の成り行きや被害状況などは聞きませんでしたが、相当古いシミだという事らしいです。

「もし落ちるならお願いします。」とお預かりいたしました。

全体的に何かこぼされた様なシミと、汗ジミも見られました。

それぞれを1か所づつ染み抜きをして行きましたので大変手間の掛かる作業でしたが、綺麗に落とせて良かったです。

古いシミで諦めているお品物はございませんか? 稲村ドライへご相談ください。

シャツに付いた落ちないシミ

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

「他店へクリーニングに出しましたが落ちませんでした」とご相談を受けたシャツの事例です。

当店と取引のある業者様から営業に来たときに「古いシミなんだけど、落とせますか?」と相談された品物。

だいぶ古いシミで、他店へクリーニングに出したのですが『落ちません』の札と一緒に返されたそうです。

見てみると時間が経ってしまい、シミが黄変しているのが分かります。

このようなシミの場合は漂白処理をしなければならないので、古いシミの場合は生地の地色まで落としてしまう危険性があり、

大手の量販店では「手間」と「リスク」が掛かるため、『落ちません』の札を付けて返す場合が多いようです。

いつもの事ながらクリーニング店から『落ちません』の札を付けて返されたら

一般の消費者は「落ちないんだ」とあきらめてしまうでしょう?

実際は『落ちません』ではなく『落とせません』とお伝えすべきものだと思うのですが・・・・

しみ抜き作業は、基本処理では変化が見られなかったので、漂白処理により落としました。

テストで地色も剥げてしまう事が分かっていたので、極力地色を剥がさないように処理し、

しみ抜き後に抜けた色を染色補正により修正をいたしました。

他店で『落ちません』と言われた品物はありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

着物(大島紬)の黄変のシミ抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

大島紬を保管していたら、袖付け部分に黄変シミが出来てしまったという品物の事例。

画像を見てもらうと分かるように、袖付け部分に沿って変色しているのが分かると思います。

この部分は着物をたたむと外側に出る部分であることから、保管中に何かしらの原因で黄変色してしまったものだと思われます。

黄変した部分の染み抜きを行わなければならないのですが、大島紬のような「先染め」の着物の染み抜きは大変難易度が高く、
普通の洋服のような黄変染み抜き処理のような訳にはいきません。

まずは基本処理を十分に行い、生地の状態を確認しながら慎重に処理していきました。

結果は、生地を傷めることも無く綺麗に処理できたと思います。

着物(和服)のトラブルでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

23区、婦人ジャケットの襟の黄バミの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

オンワード樫山の人気ブランド「23区」の婦人ジャケットの襟の黄バミについてご相談を頂きました。

「近所のチェーン店にクリーニングに出したのだけれど、襟の汚れが落ちてこなかったものはもう落ちませんか?」という事です。

お品物を拝見させて頂いたところ、生地の色・素材等の具合から「綺麗になる」と感じました。

以前に依頼した店舗の“ タグ ”が付いたままの状態でお預かりを致しましたが、

案の定、『このシミはこれ以上すると生地を傷める恐れがあるので・・・』のタグがついておりました。

何度も言っておりますが「この札」には・・・

『 弊社の店舗で処理するとそうなりますが、他の店舗で処理すれば違った結果も出るかも知れません 』

という【 前書き 】を付けて頂かなくては、お客様が誤解をしてしまうと思います。

結果は、生地を傷める事も無く綺麗に出来たと思いますし、お客様にも喜んで頂きました。

他店で落ちてこなかったシミはございませんか?

稲村ドライへご相談ください。

ビバユー (VIVA YOU)綿コートの襟の黄バミ、通常料金内での染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

若い女性に人気なブランド、ビバユー(VIVAYOU)の綿コートの襟の黄バミ落としの事例です。

今回お預かりしたコートは白色でしたので、比較的、襟の黄ばみを落とす事は難しく有りませんでした。

そうは言っても、すべてのクリーニング店で「襟の黄バミ」を当たり前の様に落としてくれるかどうかは分かりません。

それぞれの店の考え方がありますので、「有料染み抜き」扱いや、「落とさない」でそのまま・・・という所も有るかも知れません。

当店では、この程度の襟の黄バミなら『通常のクリーニング料金内』で染み抜きまでお取扱いをさせて頂いております。

「通常のクリーニング料金」が安いから・・・という理由でクリーニング店を選ばれていても良いと思いますが、

『追加しみ抜き料金が掛かった』 『汚れが落ちてこない』(他店へ再依頼)などで、結果的にお高く付いてしまうようなら、最初から当店へご依頼くださった方が、お得かも知れませんね。

Lee(リー)ウエスタンシャツの古い染み抜き、復元加工。

染み抜き 前

染み抜き 後

 

こちらの事例は、Lee(リー)のヴィンテージ物のウエスタンシャツをネットで購入したが、染みが目立つので落として欲しいとご依頼頂きました。

取扱いラベルを確認したところ・・・「 100 percent [pure] cotton 」(綿 100%)表示、当然すべて英語表記でした。

お預かり時に、「古いシミな上、生地も古いのでダメージを出したく無いので無理は出来ず、多少染みが残る可能性の有る」という事。
「既に、数か所に処理して地色が抜けている所が有る事」と「多少、全体的に色合いが薄くなる事」を了解して頂き、出来る限り目立たなくするように頼まれました。

地色は「 生成り色 」ですが、汚れや焼けにより、全体的に薄茶色ぽく濃くなっていました。
このまま染みの部分だけ処理すれば、既に数か所あった部分の様に白く目立ってしまいます。
そうなると、後で「染色補正」という色の抜けた部分を修正する作業をしなければいけないのでその方法は避け、
出来る限りシミを薄くしてから、浴中処理で全体を漬けこみ、シミの部分と全体が同じ位の色になる様に処理しました。
その後「染色補正で違和感の有る部分が有れば修正をすれば良い」と思っていたのですが、結果は修正を加えること無く上手く処理することが出来ました。

こちらのお客様も、遠方よりわざわざお越し頂いたお客様でしたが、ご期待に添える仕上がりとなり喜んで頂けたので、良かったです。

シルクスカーフの古いシミ、黄ばみ染み抜き・復元加工。

染み抜き 前

染み抜き 後

今回の事例は、全体的に古い黄変シミが付いていたシルク・スカーフを紹介します。

相当古いシミなので、お客様からは「落とせる所までで結構ですよ」とお預かりしたのですが・・・
その様に仰られると、逆に『期待以上に綺麗にしてお返ししたい!』と職人魂が頭をもたげて来ます(^^;
しかし、そこはデリケートなシルク素材のスカーフですので、無茶な事は出来ませんのでシッカリとシミの状態や、素材の具合を見極めて処理致しました。
処理方法は、全体的にシミが広がっていたので、つけ込みによる”復元加工”を致しました。
結果、シミも綺麗になり風合いはそのままでサッパリと洗い上がりました。

シルク素材のお品物のトラブルでお困りでしたら、お問い合わせください。

子供用の着物クリーニング、衿に付いた古い染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

 

こちらの子供用着物の事例は、コチラ(子供襦袢、染み抜き事例)と一緒にご依頼頂いたお品物です。
当然、一緒に保管なされていたでしょうからこの染みも相当古い染みであることは予想されます。
襦袢の場合と違い、こちらは模様と重なるように染みが付いていましたから、より一層の注意が必要でした。
幾つもの染み抜き処理の後、最終的に「漂白処理」をしたのですが、地の模様を消す事無く綺麗に出来たと思います。

子供着物クリーニング、襦袢に付いた古い染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

子供用の襦袢に浮き出てきた古い染み抜き事例です。
この染みは以前に着用した時に付着していたのですが、目立たなかったのでそのまま保管していたら浮き出てきてしまった染みと思われます。
それも相当、永い間保管していたとお聞きしましたので、古い染みであることは間違い無いでしょう。
襦袢の生地を傷めることの無いように、少しずつ様子を見ながら染み抜きをしていきました。
結構、手間と時間は掛かってしまいましたが、綺麗に出来たと思います。

1 / 212