新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

品物・素材の種類

PINKY & DIANNE(ピンキーアンドダイアン)、白い別珍ジャケットのカビの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

 

PINKY & DIANNE(ピンキーアンドダイアン)、白い別珍ジャケットの袖部分にカビが付いた品物の染み抜き事例。

こちらは着用後クリーニングに出さずに保管していたら袖部分に画像の様なカビが出てしまいました。

一番酷かった部分が画像の袖部分なのですが、他にも襟や肩にもカビが有りました。

着用後にクリーニングしなかった事もあるでしょうが、保管場所や条件が悪かったのも原因だと思われます。

素材が綿で白いジャケットでしたので、部分的に染み抜き処理後に復元加工を行いました。

結果、綺麗に出来たと思います。

「カビ」のトラブルでお困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

ワンピース、刺繍からの色泣きの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

綿の白いワンピースに刺繍がさされている品物。

赤い刺繍糸からの色泣きのトラブルでのご依頼です。

ネットで当店を検索してくださり、ご依頼頂きました。

テストの結果、赤い刺繍糸からのみ色泣きすることが分かりました。

色の出た部分の染み抜き処理は難しくありませんでしたが、

簡単に色泣きしてしまうので、色を止める工夫をしながらの作業となりました。

結果、綺麗に色泣き部分の染み抜きが出来たと思います。

「色泣き」のトラブルでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

毛皮襟巻、変色・色抜けの修正

修正 前

修正 後

収納中に変色・色抜けしてしまった毛皮襟巻の染色補正の事例。

クローゼッツトに保管していて、いざ使おうと思って出してみたらこのような状態になっていたそうです。

原因は不明ですが、変色・色抜けしてしまった事は間違いないので染色補正にて修正いたしました。

上の画像で修正前と後とでは全体の色合いが違いますが、撮影時のライトの加減で差がでているだけです。

修正した箇所は色が抜けた部分のみ修正をいたしました。

毛皮の脱色部分に色を入れていくのですが、簡単には色が入っていかず苦労しました。

何度も同じ作業を繰り返し、何とか修正できたと思います。

毛皮は紫外線やガスなどにより変色しやすい品物なので、保管には注意してください。

毛皮の「変色・色抜け」のトラブルは稲村ドライへご相談ください。

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟の黄ばみ汚れ

染み抜き 前

染み抜き 後

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟が黄ばんでいたものの染み抜き事例。

素材は綿のレインコート。

着用すればどんな衣類も汚れてしまいます。

汚れは「普通に洗えば」ほとんど落とす事は可能ですが、時間が経ってしまうと酸化して黄ばんでしまいます。

そうなると「普通に洗って」も落ちない汚れに変化してしまうのです。

この事は以前から何度も色々な所で言われてきたことで、お客様も何となくは分かっていることだと思います。

しかし、1回しか着用していない・・・まだそんなに汚れていない・・・など、

知らず知らずのうちに汚れたまま放置し、『時間』が経過して【落ちにくい汚れ】に変化させてしまっているのです。

では、いつ洗えば良いの!? 

と、お考えでしょうが、私にもハッキリした洗うタイミングは分かりません。

1回でも着用したら・・・と言いたいところですが、現実的ではありませんし、

そこのところはお客様自身が衣類の状態を見てご判断されることだと思います。

一つ言える事として、「落ちにくい汚れ」に変化してしまうと染み抜き代も掛かってしまい経済的ではありませんし、

通常、クリーニングでは衣類が傷むことはありませんが、

汚れ(シミ)を落とす為に強い染み抜き剤を使用すれば通常の洗いよりは生地を傷める事もあるかも知れません。

大切なお洋服ならなおさら、日々衣類の状態を見て適切なメンテナンスのタイミングを計ってください。

大切なお洋服のメンテナンスは、稲村ドライへご相談ください。

IL BISONTE(イル ビゾンテ)革サイフのリカラー

修正 前

修正 後

IL BISONTE(イル ビゾンテ)の革サイフのリカラーの事例。

まず、お品物を納品した後に「口コミ」サイトに投稿して頂いた時の言葉。

(引用はじめ)

買ったばかりの革財布を雪道に落として、うすい色の財布に黒いシミがついてしまいました。途方に暮れながら、何とか綺麗に修復してくれるお店はないかと探して辿り着いたのが稲村ドライさんでした。ホームページの問い合わせフォームからメールでご相談させていただき、その後すばやく的確な返信をいただけました。後日持ち込みをしたところリカラーの提案をいただき、「うちでよければ頑張ってみます」と言っていただけましたのでお願いしました。上から色を塗るということで、色味が変わるかもしれない、塗ったことですごくバリバリとした生地感になっていたらどうしよう、何よりシミが消え切らなかったらどうしよう…など色々不安はありましたが、受け取りに行ってビックリ。新品同様、とっても綺麗にお直ししていただき感激しました。細かいところまで配慮して作業していただき、どこにシミがあったのか全く分からない状態かつ、色味や質感も違和感なく使用できる状態となり、とても感謝しております。この仕上がりで料金6000円+税とお安く、さらに驚きました。本当にありがとうございました。大切に使っていきたいと思います。

(引用おわり)

 

色合いも風合いもご満足行けたとコメントして頂き、安心したと共にとても嬉しく光栄に思います。

革サイフの染み抜きのご相談でしたがお品物を拝見させて頂いたところ、染み抜きでは対応しきれないような状態でしたので、リカラーをご提案させていただきました。

リカラーの前に染み抜きも試してみたのですがあまり良い結果が得られず、リカラーの処理となってしまいました。

とても微妙な色合いのお財布でしたので出来る限り薄くリカラーをしようと務めましたが、シミ部分を隠す為に思いのほか厚く塗らなくてはならず、風合いの変化が出ないように作業いたしました。

料金についてもご満足頂けたようで何よりです。

今回の事例はこのような金額となりましたが、同じ革サイフであっても状態により金額は変わってきてしまいます。

シミ部分の隠蔽などの作業が無く、スレ直し程度のものであればもう少し金額も抑えられる可能性もあります。

革サイフのトラブルでお困り事がありましたら、稲村ドライへご相談ください。

迷彩柄のバッグに付いたシミ抜き

染抜き 前

染抜き 後

迷彩柄のバッグの角にシミが付いた品物の「染み抜き」と「染色補正」の事例。

バッグの中に何か入れておいた物が漏れて角にシミが出来てしまいました。

シミ自体はさほど難易度の高い染み抜きではありませんでしたが、

バッグの角部分ということで、処理するのが困難な箇所の為に苦労しました。

結果は綺麗に染み抜きができたのですが、実は染み抜き時に迷彩柄も落ちてしまいました。

染み抜き完了後に落ちてしまった迷彩柄を染色補修し、作業完了です。

バッグにシミを付けてしまったら、稲村ドライへご相談ください。

ウールスカートに付いた赤ワインのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

 
白いウールのスカートに赤ワインのしみが付いた品物の染み抜き事例。

前裾の部分に結構な量の赤ワインのしみが付いていました。

シミ部分は完全に乾いた状態でしたが、付いてからさほど時間は経っていないようです。

同じ「しみ」であっても付いている生地によって難易度は異なります。

薄いポリエステル生地に付いていたならば作業も比較的楽にこなせる場合が多いですが、

今回のように厚いウール生地に付いてしまった場合は少しばかり手間が掛かってしまいます。

処理した部分の生地にダメージを出さない様に慎重に処理いたしました。

結果、ダメージを与えることなく綺麗に落とせたと思います。

赤ワインのしみでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

新品のシャツに付いたワインのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

新品のシャツにどの様な訳かワインをこぼし、シミになったという事例。

シャツにはまだ、商品説明のタグが付いておりました。

おそらく着用していない品物だったのではないかと思います。

着用前にこの様なシミを付けてしまったとなると、相当なショックをお受けになられたでしょう。

染み抜き後に水洗いをするために、商品説明のタグは取らせて頂きました。

シミが付いて間もないこともあり、生地を傷めることもなく綺麗に落とせたと思います。

ワインのシミが付いてお困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

ツイードジャケットに付いたペンキのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

ツイードジャケットの袖にペンキが付いた品物の染み抜き事例。

今回も何で付いたかは不明ですが、このままでは着用出来ませんので染み抜きしていきます。

ペンキのシミはペンキを溶解させて取り除く作業となりますが、

今回はツイードのジャケッツトということで、生地が厚いということから作業をするうえで、

出来るだけ生地の中に入り込ませないように工夫しながら染み抜き作業を行いました。

結果、ツイード生地も傷めることなく無事に落とす事が出来ました。

ペンキのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

綿パンツ、ボールペンの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

綿パンツの脇部分にボールペンのシミが付いた品物の染み抜き事例。

画像を見て頂けたら分かると思いますが、おそらくボールペンの先が出ているのを知らずに何度も擦られたような感じでシミになっています。

付いてから時間も経っておらず、付いたボールペンも「ゲルインク」ではなかった事が幸いし、

染み抜きで綺麗に落とす事ができました。

ボールペンのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

1 / 1812345...10...最後 »