新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

制服の染み抜き

制服ブラウスに付いた赤インクの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

事務服ブラウスに赤インクが付いてしまった品物の染み抜き事例。

最初、ご家庭で洗濯をしてみたが落ちなかったとの事です。

シミによって違いますが、インクのシミはご家庭で落とす事は難しいと思います。

シミを付けてしまって慌てて洗濯をしてしまいがちですが、

適切な処理をしないと落ちないばかりか、落ちにくくなってしまう場合もありますので、

特殊なシミの場合は『何もせず、早めに』クリーニング店へご相談ください。

今回は比較的、処理しやすい素材だった為に綺麗に落とす事が出来て良かったです。

インクのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

学生ブレザー、カビのしみ、制服クリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

学生ブレザーを保管していたら「カビ」が発生してしまった。ということでお預かり致しました。

仕舞う前にクリーニングしていたかは不明ですが、汚れたままですとカビの発生率は高くなると思います。

ウール混紡の制服ですから、通常はドライクリーニング(表示)ですが、

カビの発生と、学生制服ということで「ウエット・クリーニング」いたしました。

サッパリと洗いあがり、また気持ちよく着用できると思います。

当店では、学生制服はほぼ「ウエット・クリーニング」でお手入れさせて頂いております。

「ウエット・クリーニング」しますと『軽く感じられる』と仰って頂くこともございます。

それは「汚れ」が取り除かれたから、「汚れ」分の重さが無くなったからではないでしょうか?

是非、当店の「ウエット・クリーニング」により軽くなった制服の感覚をご体験ください。

事務服ベストの胸ポケットに入れていた「蛍光ペン」から出たインクの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

事務服ベストの胸ポケットに差していた「蛍光ペン」からインクが漏れてシミになってしまいました。

事務服という事で、ご家庭でも洗濯の出来る素材なので洗濯をしてみましたが、落ちてはくれなかった様です。

いつもの『インク』の染み抜き法ということで、下に敷いたペーパーに移し取る作業を繰り返していきます。

作業を進めて行く度に蛍光ペンのシミは段々と薄くなって行き、最終的には綺麗に落とせたと思います。

「蛍光ペン」のインク爆発などのトラブルが御座いましたら、稲村ドライへご相談ください。

看護衣の逆汚染。家庭洗濯でのトラブル。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

「ポリエステルの看護衣を家庭で洗ったら、襟などに黒っぽいシミが付いてしまった。」という事でお預かりいたしました。

お客様は「ペンなどは入っていなかった」ともおっしゃっていられましたが、もしボールペンのようなものと一緒に洗われてインクが付いてしまったのだとしたら、このような整った状態では移染しないと思われます。

もっと全体的に不規則な付き方をするので、今回は別の何かが付いた!?という事になります。

だとしたら・・・『逆(再)汚染』(洗濯液に溶けだした汚れが、再度洗濯物に付着して汚染してしまう現象)が考えられます。

今回も素材がポリエステルということなので、再汚染しやすい素材なためにそう思いました。

家庭洗濯では稀に、洗浄力を上手く引き出せない為に『逆汚染』を起こしてしまう事があるようです。

その予防法として、「汚れた品物とあまり汚れていない品物は、別々に洗う」「色の出やすそうな品物は別で洗う」「洗剤は適正量を入れて洗う」等、注意しなければならないポイントが有ります。

聞けば「あ~~、当たり前の事ばかりだ」と思われるかもしれませんが、なかなか完璧に実践していらっしゃる方は少ないようで、

逆に我々クリーニング店は『その様な手間を掛けて、最大限に洗浄力を引き出して洗濯をしている』からプロなのだと思います。

家庭洗濯のトラブルでお困りでしたら、稲村ドライにご相談ください。

体操着 汗汚れの染み抜き、家庭洗濯との違い。

染み抜き 前

染み抜き 後

「家庭の洗濯機で洗っても落ちないんだけど、落ちますか?」とお問い合わせを頂きました。
地元中学校の体操着ですが、部活の練習着に体操着を着用している為に汗の汚れが染みついて落ちなくなってしまいました。
汚れ具合からも一生懸命に練習に取り組まれている様子が伺えます。
しかし、汚れが気になってプレーに集中できなくなってしまっては大変!・・・と、親心からプロに依頼することになったのでしょう。

普通は「体操着なのだから家庭洗濯で十分」と思っていらっしゃるでしょうし、私も自分の子供の体操着は家庭用の洗濯機で洗っています。
ですが・・・なにぶんにも新陳代謝が活発な若い子が着用するものですから、皮脂(油分)も多く含まれています。
通常の『水洗い』だけですと皮脂の汚れを完全に落とす事ができずに、蓄積して今回依頼されたようになってしまいます。
それには、油分を落とすような前処理剤などを上手く使用して洗濯をすればある程度は落とす事もできますが、家庭洗濯では限度があると思います。
そんな時には、普段家庭で洗うようなお品物であっても、たまにはプロに依頼してみるという事もお考えください。

「家庭洗濯とプロの洗いの違い」をご覧頂けると思います。

制服シャツ ゲルインク 家庭洗濯でのトラブル 染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

 

この事例も家庭洗濯でのトラブルです。

「ゲルインク・ボールペン」がポケットに入っていたのを知らずに「制服のシャツ」を洗濯してしまい、インクが所々に付いてしまいました。

家庭洗濯でのトラブルで多い事例、「ゲルインクの爆発事故」は難しいしみ抜きの一つです。

「普通のボールペンのインク」であれば、ほとんどのシミは落とす事は可能だと思いますが、

これが「ゲルインク」となると全然話は違います!

今回は良く見ると薄く残っているのですが、普通に来ている分には分からない程度にまで落とす事が出来ました。

しかし、付いた品物の素材などによっては落とす事が出来ない場合もございますので、出来ましたら「ゲルインク」のボールペンのシミは極力付けないようにお気をつけください。(^^;