新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

ブラウスの染み抜き

綿ブラウス、全体に付いたシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

綿ブラウスに全体的にシミの付いた品物の染み抜き事例。

何かをひっくり返したのか??お品物を見て思った事は、

「これ程までにシミになっているという事はご本人様にも相当な被害があったのではないか?」と、心配になりました。

事の成り行きや被害状況などは聞きませんでしたが、相当古いシミだという事らしいです。

「もし落ちるならお願いします。」とお預かりいたしました。

全体的に何かこぼされた様なシミと、汗ジミも見られました。

それぞれを1か所づつ染み抜きをして行きましたので大変手間の掛かる作業でしたが、綺麗に落とせて良かったです。

古いシミで諦めているお品物はございませんか? 稲村ドライへご相談ください。

シャツに付いた落ちないシミ

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

「他店へクリーニングに出しましたが落ちませんでした」とご相談を受けたシャツの事例です。

当店と取引のある業者様から営業に来たときに「古いシミなんだけど、落とせますか?」と相談された品物。

だいぶ古いシミで、他店へクリーニングに出したのですが『落ちません』の札と一緒に返されたそうです。

見てみると時間が経ってしまい、シミが黄変しているのが分かります。

このようなシミの場合は漂白処理をしなければならないので、古いシミの場合は生地の地色まで落としてしまう危険性があり、

大手の量販店では「手間」と「リスク」が掛かるため、『落ちません』の札を付けて返す場合が多いようです。

いつもの事ながらクリーニング店から『落ちません』の札を付けて返されたら

一般の消費者は「落ちないんだ」とあきらめてしまうでしょう?

実際は『落ちません』ではなく『落とせません』とお伝えすべきものだと思うのですが・・・・

しみ抜き作業は、基本処理では変化が見られなかったので、漂白処理により落としました。

テストで地色も剥げてしまう事が分かっていたので、極力地色を剥がさないように処理し、

しみ抜き後に抜けた色を染色補正により修正をいたしました。

他店で『落ちません』と言われた品物はありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

綿ブラウス、色ハゲの修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

濃い焦げ茶色の綿ブラウスの前身頃に2か所、色ハゲがありました。

比較的小さい色ハゲでしたが、濃い色のブラウスでしたから結構目立ってしまいます。

おそらくこれは何かの薬品が知らぬ間に付いてしまい、色ハゲとなってしまったのだと思います。

「薬品」と書きましたが、色を剥いでしまうものは『漂白剤』だけではなく、

「お掃除洗剤」や「美容院で使われる薬品」、「化粧品」等でも染色の弱い衣類であれば色が抜けてしまう事があります。

色ハゲしてしまった品物は、染み抜きではなく“ 染色補正 ”により修正をいたします。

今回は修正する範囲が小さかったので、違和感も出ず修正出来たと思います。

衣類の色ハゲでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

シルクシフォン生地 ブラウスに付いた血液のしみ。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 前

シルクシフォン生地のブラウスに血液が付いた品物の染み抜き事例です。

こちらもいつもの如く「生地を傷める怖れがあるため、無理はできません」という札が付いたままお持ち頂いたものです。

確かにふわっとしたシルクシフォンはデリケートな生地で、着用時に何かに引っ掛けてしまうと直ぐに“ 糸引き ” や “ ツレ ” 等が起こりやすい素材なので、染み抜きも、綿やポリエステルと比べれば難しいかもしれません。

しかし、キチンと気を付けて処理をすれば染み抜きは出来る素材ですので、諦めずに『ちゃんと染み抜きが出来るお店』へご依頼ください。

今回は広範囲に血液のシミが付いていましたが、比較的早めの処理が出来た事と、

当店の前に依頼した店が『何も手を付けずにいてくれたお陰』(下手に処理されると落ちなくなる場合があります)で、

生地も傷めることも無く、綺麗に染み抜きができたと思います。

シルクシフォン生地にシミを付けてお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

グッチ(GUCCI)シャツ、袖に付いた接着剤の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

グッチ(GUCCI)綿シャツの袖口に、接着剤のような染みが付いていました。

接着剤のシミを抜く時に使用する薬品は、生地の色まで抜いてしまう様な強力な染み抜き剤ですので、品物にダメージを与えないように処理して行きます。

今回染み抜き処理をしたお品物も生地の色が濃い品物でしたが、生地を傷める事なく上手く行ったと思います。

グッチ(GUCCI)のシャツでお困りの事が有りましたら、稲村ドライへご相談ください。

ブラウスに付いた不明のシミ、移染のしみ抜き、家庭洗濯のトラブル。

しみ抜き 前

しみ抜き 後

こちらの品物は「家で洗濯をしたら何かの色が移ってしまったのですが、落とせますか?」とお問い合わせを頂きました。
拝見したところインクのような染みにも見えますが、ペン等の物は洗濯の際には入っていなかったとお伺いしました。
とすると、一緒に洗濯した他の品物からの移染だと思われます。
移染部分のシミを一ヵ所づつ染み抜きをしてから、全体を移染処理しました。

ご家庭での洗濯の際のトラブルでお困りでしたら、ご相談ください。

シルクブラウス 血液のしみ

染み抜き 前

染み抜き 後

 

「シルク・ブラウス」に付いた、血液の染みです。

デリケートな素材ということもあり、慎重に染み抜き処理を致しました。

比較的に新しい血液の染みでしたから良かったのですが、時間が経って”古い血液の染み”となると、途端に「落とすのが難しい染み」に変化してしまいます。

「血液の染み」だけではありませんが、シミを付けたら出来るだけ早めにご依頼くださる様にお願い致します。

それは・・・シミを容易に落とす事が出来るだけでなく、お品物のダメージを最小限に抑えることにもなります。

シルクブラウス、薬品による脱色

染色補正 前

染色補正 後

お客様が掃除の時にカビ取りスプレーを使用した際、ブラウスにかかってしまい色が抜けてしまいました。
「インナーとしてしか着用出来ない」と半分諦め気味の相談をお受けしましたが、染色補正で何とか着れる状態までになりました。
”カビ取り剤”には塩素系漂白剤が入ってますので、使用には十分注意してください。

ウールブラウス、食べこぼし染み

染み抜き 前

染み抜き 後

 

これは「他店で落ちなかったが、落として欲しい」と依頼された品物です。
画像にある通り他店の”落ちませんでしたカード”が付いたままの状態で持ち込まれました。
通常の基本染み抜き処理で難なく落とせました。
店により染み抜き技術の差があります。「落ちない」と言われた品物も諦めずにご依頼ください。

「その染み・・・本当は落ちるかもしれませんよ!」