新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

ジャケットの染み抜き

PINKY & DIANNE(ピンキーアンドダイアン)、白い別珍ジャケットのカビの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

 

PINKY & DIANNE(ピンキーアンドダイアン)、白い別珍ジャケットの袖部分にカビが付いた品物の染み抜き事例。

こちらは着用後クリーニングに出さずに保管していたら袖部分に画像の様なカビが出てしまいました。

一番酷かった部分が画像の袖部分なのですが、他にも襟や肩にもカビが有りました。

着用後にクリーニングしなかった事もあるでしょうが、保管場所や条件が悪かったのも原因だと思われます。

素材が綿で白いジャケットでしたので、部分的に染み抜き処理後に復元加工を行いました。

結果、綺麗に出来たと思います。

「カビ」のトラブルでお困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

ツイードジャケットに付いたペンキのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

ツイードジャケットの袖にペンキが付いた品物の染み抜き事例。

今回も何で付いたかは不明ですが、このままでは着用出来ませんので染み抜きしていきます。

ペンキのシミはペンキを溶解させて取り除く作業となりますが、

今回はツイードのジャケッツトということで、生地が厚いということから作業をするうえで、

出来るだけ生地の中に入り込ませないように工夫しながら染み抜き作業を行いました。

結果、ツイード生地も傷めることなく無事に落とす事が出来ました。

ペンキのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

【 ARMANI 】 アルマーニ、ジャケット袖に付いた朱肉のシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

アルマーニ【 ARMANI 】ジャケットの袖に付いた朱肉のシミ抜き事例。

どうして付いたのかは分かりませんが、左袖に幾か所かに結構濃く付いていました。

シミを付けてから時間を置かずにお持ち頂けたので比較的難しい染み抜き処理では無いと思えましたが、

そこは【 ARMANI 】 アルマーニのジャケットということで、染み抜き処理も慎重に行いました。

結果、何もせず、早めにお持ち頂いたということもあり、完全に落とす事が出来て良かったです。

高級ブランド物にシミを付けてしまい、お困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

 

婦人ものジャケットに付いた不明のシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

白い婦人物ジャケットの肩の部分に黄色のシミが付いた品物の染み抜き事例。

シミの正体は不明ですが、以前に他のクリーニング店に出した時は落ちなかったそうです。

当店でお預かり時にも「落ちるかどうか分かりませんが、取り敢えずやってみます」と承りました。

内心は、素材的にも白い地色の品物だという事からも「落ちるだろう」と思ってお受けしたのですが、

染み抜きというものはイザ処理してみないと分からない事もありますから、安請け合いは出来ません。

結果は基本的な染み抜き処理と軽い漂白処理で落とすことが出来ました。

「落ちない」と言われた品物でも、諦めずに当店にご依頼くださった気持ちに応える事ができて良かったです。

他店で「落ちません」と言われたシミはございませんか?

一度、稲村ドライへご相談ください。

miss ashida(ミス アシダ) ジャケット裏地の汗シミの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

miss ashida(ミス アシダ) ジャケットの裏地(キュプラ)が汗で黄ばんでしまいました。

取扱表示は「水洗い×」、「ドライクリーニング」となっています。

ドライクリーニングだけでは汗の成分を落とし切れないので、蓄積され次第に黄ばんできてしまいます。

いくら「水洗い ×」の表示がされていたとしても、着用状態やお品物の状態によってはウエットクリーニングを致します。

取扱表示を無視して作業を行うのですから、それなりのリスクはございますが、

そこは【プロ】として、お品物の状態を見極めながら作業をして行く事になります。

予め、黄ばみの酷い部分を染み抜き処理により薄くし、その後に全体をウエットクリーニング致しました。

洗い上がりはサッパリとして、裏地も白く回復致しました。

「水洗い出来ないお品物」の「汗シミ」でお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

綿ジャケットの袖に付いたコーヒーの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

綿のジャケットの袖にコーヒーの染みが付いた品物の染み抜き事例です。

染みが付いてから時間が経っていたらしく、簡単には落ちてはくれませんでしたが、

白っぽい素材の品物でしたので、ダメージも出ずに綺麗に染み抜きできたと思います。

最近では「着る時にシミがあったのでクリーニングに出す」という方が多くなってきているようですが、

時間が経過してしまうと「簡単に落とせる染み」も「落ちにくいシミ」に変化してしまい、

結果、品物に掛かる負担も多くなりますし、染み抜き代金も割高となってしまう事にもなりますので、

着用したなら、お仕舞になる前にクリーニング店にご依頼くださるようにして頂きたいと思います。

アルマーニ、ジャケットに付いた不明なシミ抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

アルマーニ、ジャケットの肩部分に何か不明のシミが付いていました。

お客様は「インクのような物」と仰られたのですが、インクの染み抜き程の手間はかからずに落とす事ができました。

しかし、デリケートなお品物でしたので慎重に染み抜きを致しました。

アルマーニ製品のトラブルでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI)シルク・ジャケットの裾に付いた油のしみ抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

ジョルジオアルマーニ(GIORGIO ARMANI)シルクジャケットの裾部分に、黒っぽいシミが付いていました。

何のシミかは不明ですが、おそらく「油性」のシミだと思われますので、まずは油性の処理から始めます。

シミ自体は油性処理だけで落ちてくれたので難易度の高いシミの部類ではありませんでしたが、

素材がシルクで、デリケートなお品物でしたので慎重に染み抜きを致しました。

生地を傷めることもなく綺麗に落とせたと思います。

デリケートなお品物に付いた「シミ」でお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

綿ジャケットの色ハゲ修正の事例。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

モスグリーン色の「綿ジャケット」の襟から肩にかけて『色褪せ』が見られます。

お客様にお聞きしましたところ、殆ど着用されていない新品だということです。

だとすると、ご購入されてからの保管中に何らかの影響で色褪せが起きてしまわれたのだと思われます。

色褪せ(退色)の原因は分かりませんが、取りあえず着用可能な状態にして欲しいというご依頼ですので、染色補正により修正を致しました。

色褪せの部分がマダラに抜けている為に、染色後の仕上がりを平らになるように処理する事に苦労をしました。

若干の色合いの差も、良く見比べたら分かるかも知れませんが、着用できるレベルには修正できたと思います。

「色ハゲ」「色褪せ」等で着られなくなってしまった衣類は有りませんか?

諦める前に、稲村ドライへご相談ください。

ロロ・ピアーナ(LoroPiana)麻ブルゾンの袖に付いた染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

ロロ・ピアーナ(LoroPiana)麻ブルゾンの袖に不明のシミがついていました。

おそらく「食べ物」のシミだと思われますので、さほど難易度の高いシミが付いてしまったということでは無いですが、

シミの付いたお品物が、イタリアを代表する高級服地ブランドのお品物ですから「染み抜き処理も簡単に」という訳にもいきません。

『生地の色合い』や『風合い』を損なうことの無いように染み抜き処理を行います。

ノンブランドなら適当に・・・高級ブランドだから「特別扱い」を・・・などと意識してお取扱いをしている訳ではありませんが、

私も至って普通の人間ですので、高額のお品物を取り扱う場合にはいつも以上に慎重になっている事と思います。

誰が言ったかは確かではありませんが、「デラックス料金は、気配り料金だ」というような事を昔聞いた事がございます。

【デラックス料金】はそれだけの理由ではなく、他にも特別な処理工程や加工剤などのオプションが付いているからなのですが、

「気配り」(特別扱い)という事もまんざら無くも無いと思います。

しかしそれもお店によって違ってきますので、結局のところは『お店選びが重要』という事だと思います。

1 / 212