新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

アウター製品の染み抜き

ブルゾンの裾に付いた瞬間接着剤の染み抜き

しみ抜き前

しみ抜き 後

 
ブルゾンの裾に付いた瞬間接着剤の染み抜き事例。

接着剤(ボンド)と一言でいっても色々な種類がございます。

その中でも落としずらいのが今回ご紹介する「瞬間接着剤」

それもどんな量でどのくらいの範囲に付着しているのか?

付いてからどの位時間が経っているのか?

こすったりして生地の中に入り込んだりはしていないか?

色々な条件や状態によって染み抜き処理をする難易度が変わってきますが、

今回は生地にダメージを与える事もなく落とす事ができて良かったです。

接着剤(ボンド)が付いてお困りではありませんか?稲村ドライへご相談ください。

子供の綿入りブルゾン 「キワつき」修正の事例

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

今回の事例は、「クリーニングに出したけど黒いシミのようなものが取れない」とご相談を受けました。

「修正 前」の画像の黄色の丸で囲ってある部分に黒い筋状のシミのようなものが見えると思います。

これは『クリーニング時の脱水(脱液)と乾燥が不十分な為に不純物が集まり残留したシミ』です。

この現象は高密度織物や、コーティングされた生地で出来た中わた入りの製品の特に縫い目に沿って現れる現象ですが、

使用しているドライ溶剤が汚れていたり、洗剤を良く濯ぎきれていないのに、時間短縮や節水の方に重点を置く店舗に見られる現象だと思います。

適切に管理された綺麗な溶剤でクリーニングすれば、このような事にはならないと思いますが、

稀に防寒性を高めるためか、通気性を抑える為に高密度の生地とコーティング加工によりどうしても出来てしまうものもあるようです。

それはそれで、【特別な方法】でキワつきを無くす様にしているので、

” キワつき ” でお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

パタゴニア(Patagonia)子供コートに付いた油シミ抜き、クリーニング。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

パタゴニア(Patagonia)子供用のコートに油シミが付いていました。

まず油のシミを抜いてから、ウエット・クリーニング。

撥水加工により雨や雪を弾くだけでなく、チットした「食べこぼし」も弾いてくれるので、シミになりづらいと思います。

これから寒くなりこんなアイテムが必要になる季節がやってきますが、

お手入れし忘れたお品物はございませんか?

着用しようとした時にあわてないように、早めの点検をおすすめ致します。

LAVENHAM(ラベンハム) キルティングジャケット のクリーニングと色ハゲ部分の染色補正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

LAVENHAM(ラベンハム) キルティングジャケット の前立てフチ部分の色が抜けて白くなっているので修正して欲しいとご依頼頂きました。

何かに擦れて色が抜けてしまったようです。

まずは全体にクリーニングをしてから、色ハゲ部分に染色補正をして修正しました。

以外と色が入らずに苦労しましたが、何とか修正できてよかったです。

LAVENHAM(ラベンハム) キルティングジャケット でお困りの事がございましたら、稲村ドライへご相談ください。

DUVETICA (デュベティカ) ダウンコートの袖に付いた油のシミ抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

モンクレールと並び、人気ブランドのDUVETICA (デュベティカ) のダウンコートの袖口に油のシミが付いた品物の染み抜き事例。

何のシミかは分かりませんでしたが、おそらくは食べ物か何かのシミではないでしょうか?

ダウン製品に付くシミは画像のシミのような『濡れて濃くなった感じ』のシミとなる事が多いです。

この様なシミは「油性のシミ」ですから、家庭洗濯で落とす事は難しいと思います。

(方法として)シミの部分を油性の前処理剤で処理してから洗えばダウンに付いた殆どのシミは落す事が出来ます。

この様に文章で洗い方を表現をすれば「簡単」に出来てしまいそうに思えますが、実際にやってみるとそんなに簡単ではないという事が分かると思います。

「ダウンが膨らまない」「シミの部分が輪どってしまった」「キワつきができてしまった」「撥水加工は?」等々・・・

以上のトラブルに遭わないように「 手間 」を掛けて洗濯をすれば上手に洗えるかも知れませんが、「 自信 」と「 時間 」が無い方はプロに依頼した方が断然お得だと思います。

ダウン製品のクリーニングは稲村ドライへご用命ください。

モスグリーン綿コートの色ハゲ修正事例。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 
モスグリーンの綿コートの背中部分と裾の部分に「色ハゲ」(変色)が見られました。

お客様から「色が剥げて変色しているので、色掛けをして修正してください」とご依頼頂きました。

ホームページからの「お問い合わせ」でも1番ご相談の多いのが「色ハゲ」トラブルのご相談なのですが、

ご依頼される側からしたらホームページの「染み抜き事例」に載っている事例を見て、

「凄い!綺麗になる」「元通り直るんだ!?」と思われご相談頂くことと思います。

正直、「染み抜き事例」でご紹介しているものは一部の事例でして、

中には「実際に近くで確認すれば違和感が確認できる仕上がりの品物」も有れば、

「色掛け修正の難しい品物」や「修正が出来ずにお断りしている品物」も御座います。

今回もご依頼時のご相談で「これでは少し目立って着れないので、目立たなくなる位に修正できれば良い」というお言葉を頂いてのお引き受けとなりました。

結果は、お客様にも喜んで頂けたので結構上手く修正できた方だと思います。

「色ハゲ」「変色」でお困りでしたら稲村ドライへご相談ください。

スキーウエアのクリーニングと染み抜き。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

こちらの事例は「お洗濯相談」のフォームより承りましたお品物です。

新潟でもスキー場の名所で有名な、湯沢町より宅配便でお送り頂きました。

お伺いしたところ、

「4年程前に県内某チェーン店にてクリーニングに出した後、クローゼットにて保管しておいたら、当初よりも前身頃や袖口の着色が進んだ様に見られ、ファスナー部分にも染みが見られます。」

ということでご依頼いただきました。

実際にお送りして頂いた品物を拝見した感想は、

少しは汚れの着色も進んでいたのでしょうが、そもそも袖口や身頃の汚れは『最初に預かった時点で落とさなければならない汚れ』のように感じました。

特に難しいシミという訳ではないのですが、落とすにはそれなりの手間を必要とする作業を行わなければなりません。

最初に依頼した近隣の店は【大手チェーン店】ということなので、料金的に手間を掛けた作業は行わなかった可能性があります。

そのこと自体は各店舗の営業方針でしょうが、それを(実際はお客様に手間を掛ければ落とせる事)伝えずにお返しするのはどうかと・・・・?

依頼した品物をどのように処理(仕上げ)して欲しいのかを依頼時に伝える事と、その要望に答えられる店に依頼することが大事です。

思うように汚れが落ちてこなかったお品物は御座いませんか?

稲村ドライへご相談ください。

Barbour(バーブァー)オイルドジャケットのお手入れ、クリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 後

「ワイルドだろ~~」
今流行りのギャグではないですが、今回お預かりのBarbourオイルドジャケットは、個人的な感覚としてとてもワイルドな印象を受けるアイテムです。
『Barbourオイルドジャケット』は、最悪な北海の気候の中で働く水夫や漁師、労働者の為のオイルスキンの防水ジャケットでしたが、後に悪天候下で働く農民や労働者などにも愛用される様になり、世界中に知られるブランドへ成長。
その品質はエリザベス女王など英国王室御用達の栄誉を授かった100年以上の歴史を持つ由緒ある伝統のブランドという事です。


今回のお客様の要望として
「全体的な黒い汚れは落ちなくても良いが、長く着用していたので汗などの汚れを落としてスッキリさせて欲しい」という事でした。
画像を見て頂くと分かりますが、取扱い表示はすべて×となっております。
メンテナンス方法を調べたところ、「ドライ」「ウエット」どちらの方法でクリーニングしても、少なからず塗布してあるドレッシング(オイル)が落ちてしまうとの事で、洗い上がりの際には専用のBARBOURのオリジナル『ソーンプルーフドレッシング』でプルーフをし直さなければならない様です。

実は以前にも他のお客様のBARBOURのオイルドジャケットをお預かりした事があり、プルーフ用のオリジナル『ソーンプルーフドレッシング』は持っていたので、今回もクリーニングで取れた分のオイルを塗布し、メンテナンスさせて頂きました。

アルマーニ(Armani)ダウンコート襟のファンデーションの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

アルマーニ(Armani)婦人ダウンコート襟に付いたファンデーションの染み抜き事例です。
このダウンは襟がとてもボリュームのあるデザインですから、着用するとどうしても頬に触れてしまうのでしょう。
今の化粧品の品質も良くなってきているようで、『崩れないで、長持ちする』などと謳っているモノも多く出てきました。
女性の皆様からすれば、「嬉しい高品質の商品」となるのでしょうが、衣類に付いた化粧品はもう化粧品ではなく『シミ』という事になる訳で、それを処理するクリーニング店側からすると、最新技術で作られた高品質化粧品も、「厄介なシミ」となります。
しかし・・・それに対抗するようにクリーニング業界の技術も向上しているので、落ちにくい化粧品でも落とす事の出来る『染み抜き剤』も開発されていて、その薬剤を上手く使いこなす染み抜き技術と合わさればご覧のように綺麗にすることが出来ます。

衣類に付いた化粧品のシミでお困りではありませんか?稲村ドライにご相談ください。

モンクレール(Moncler)取り外せないファー付ダウンジャケットのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 後

モンクレール(Moncler)取り外せないファーが付いたダウンジャケットのクリーニング事例です。

クリーニング後の品物は、毛皮をブラッシングしてあるので風合いは違ってみえますが、それ以外は「ビフォー」&「アフター」画像をみても変化は無いように見えますね。

特に、『目立つシミ』を処理した事例ですと、別物のように見える事もある中で、今回は地味な事例かもしれません。

しかし・・・・「風合いの変化は出したく無い品物」の場合。

今回の事例の様に、デリケートなリアル・ファーが付いていて、取り外しが効かないお品物では、クリーニング前と後で変化しない方がよろしい場合も御座います。

特殊なお品物であっても、風合いの変化無しでクリーニングすることも可能です。

取扱い表示に全部「×」が付いていて、クリーニングするのを諦めているお品物はありませんか? 当店にご相談ください。

1 / 3123