新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

品物・素材の種類 | ページ 5

綿ブラウス、色ハゲの修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

濃い焦げ茶色の綿ブラウスの前身頃に2か所、色ハゲがありました。

比較的小さい色ハゲでしたが、濃い色のブラウスでしたから結構目立ってしまいます。

おそらくこれは何かの薬品が知らぬ間に付いてしまい、色ハゲとなってしまったのだと思います。

「薬品」と書きましたが、色を剥いでしまうものは『漂白剤』だけではなく、

「お掃除洗剤」や「美容院で使われる薬品」、「化粧品」等でも染色の弱い衣類であれば色が抜けてしまう事があります。

色ハゲしてしまった品物は、染み抜きではなく“ 染色補正 ”により修正をいたします。

今回は修正する範囲が小さかったので、違和感も出ず修正出来たと思います。

衣類の色ハゲでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

カーテンに付いた、毛染め液の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

ご家庭で「毛染め」をした時にソファーに腰掛け休んでいたら、後ろにあったカーテンに『毛染め液』が付いてしまったという事です。

結構、大量に付いていましたが「シミは早めに処理をした方が良い」ということをご存じだったお客様でしたので、

すぐにご連絡を頂きまして、染み抜き処理ができましたので綺麗に落とせたと思います。

『毛染め』・・・「落ちない染み」と思われていらっしゃる方も多いとは思いますが、

適切な処理をすれば殆どは落とす事が可能だと思います。

大切なお品物に「毛染め液」が付いてしまってお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

 

UGG(アグ)ムートンブーツ、つま先の雨シミのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

UGG(アグ)ムートンブーツ の つま先部分に「雨シミ」ができてしまったもののクリーニング事例です。

ムートンのブーツは暖かいので近年大流行のアイテムですが、雨や雪などの水分を吸いやすいので「雨シミ」になりやすい品物です。

関東地方の冬など、寒くても天気の良い日に履くのには最適なアイテムかもしれませんが、

ココ新潟の『湿った雪』が多い冬場に履くブーツとしてはあまり適していない様に感じます。

それでも履きたいという方は、購入されたらまず【撥水加工】をしていただくと幾らかは防げると思います。

UGG(アグ)ムートンブーツのつま先に「雨しみ」はありませんか?

そんなトラブルでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

保管中に「カビ」が発生した本革ロングブーツのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

シーズンになったので履こうと思い取り出したら、保管中に「カビ」が出てしまった本革ロングブーツのクリーニング事例。

ブーツ(靴)は、余程汚れてしまわない限り、お手入れせずにそのまま保管してしまっているのではないでしょうか?

専用のクリーナーで汚れを落とし、クリームを塗ってから保管を・・・・などとマメにメンテナンスをしている方も中にはいらっしゃるでしょうが、

革製品は条件(湿度・温度・栄養)が揃えば「カビ」が発生してしまう事があります。

症状の軽いモノでしたら専用クリーナーで落とすか、もっと手軽にするなら固く絞ったタオルでふき取れば落とせる場合もあります。

しかし、何かとムレ易いブーツ、特にロングブーツにカビが発生した場合などはこの際「丸洗い」をしてサッパリさせる事をおすすめ致します。

ちょっとニオイが気になり出したブーツや、汚れ・カビが付いたブーツなどがございましたら、
稲村ドライへご相談ください。

綿ジャケットの袖に付いたコーヒーの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

綿のジャケットの袖にコーヒーの染みが付いた品物の染み抜き事例です。

染みが付いてから時間が経っていたらしく、簡単には落ちてはくれませんでしたが、

白っぽい素材の品物でしたので、ダメージも出ずに綺麗に染み抜きできたと思います。

最近では「着る時にシミがあったのでクリーニングに出す」という方が多くなってきているようですが、

時間が経過してしまうと「簡単に落とせる染み」も「落ちにくいシミ」に変化してしまい、

結果、品物に掛かる負担も多くなりますし、染み抜き代金も割高となってしまう事にもなりますので、

着用したなら、お仕舞になる前にクリーニング店にご依頼くださるようにして頂きたいと思います。

プラダ(PRADA)バッグに付いたボールペンのシミ抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

プラダ(PRADA)の革バッグにボールペンのシミが付いた品物の染み抜きとクリーニングの事例。

お客様からは「ボールペンのシミが付いたので、落として欲しい」と、ボールペンの染み抜き依頼でした。

先にボールペンのシミ部分を処理して行きましたが、革の表面にダメージを与えないように慎重に処理しました。

無事にボールペンのシミは落とす事が出来たのですが、全体的に薄汚れていた為に染み抜き処理した部分が綺麗になり過ぎて目立ってしまいました。

その違和感(段差)を無くすためには『汚し』と言い、綺麗になり過ぎた部分をくすませる様にする事もあるのですが、

折角なので、お客様に了解を得て全体を綺麗にすることとなりました。

(汚れていたため)オフホワイトのバッグでしたが、仕上げの磨きにより光沢も出て、元の輝くような白いバッグの状態を取り戻す事ができました。

バッグのトラブルでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

ミラショーン(mila schon) シルクネクタイに付いた染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

ミラノの人気ブランド、ミラショーン(mila schon)のシルクネクタイに食べ物のシミが付いていました。

元々ネクタイはデリケートな品物ですが、その上今回のネクタイは使用されているシルクの素材も大変デリケートなものでしたので、染み抜き作業も慎重に行いました。

「色ハゲ」や「スレ」による白化も見られず、綺麗に染み抜きできたと思います。

シルクネクタイに染みを付けてしまいお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

アルマーニ、ジャケットに付いた不明なシミ抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

アルマーニ、ジャケットの肩部分に何か不明のシミが付いていました。

お客様は「インクのような物」と仰られたのですが、インクの染み抜き程の手間はかからずに落とす事ができました。

しかし、デリケートなお品物でしたので慎重に染み抜きを致しました。

アルマーニ製品のトラブルでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

キタムラ、サイフのリカラー加工。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

横浜元町にある人気ショップ「キタムラ」の革サイフのリカラー修正の事例です。

「だいぶ使い込んで、三つ折りの表に出る部分が変色してしまったのだけれど、綺麗になりますか?」と問い合わせを頂きました。

拝見したところ表面の革の変色と思われるので、クリーニング(洗浄)だけでは(元通りに)綺麗にはならない事をご説明して、リカラー(色掛け)により修正することに致しました。

中に折り込まれる「変色していない部分」の元の色を基準として、出来るだけ変色部分のみ修正するようにしました。

大きく風合いの変化など無く、綺麗にリカラー出来たと思います。

シルクシフォン生地 ブラウスに付いた血液のしみ。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 前

シルクシフォン生地のブラウスに血液が付いた品物の染み抜き事例です。

こちらもいつもの如く「生地を傷める怖れがあるため、無理はできません」という札が付いたままお持ち頂いたものです。

確かにふわっとしたシルクシフォンはデリケートな生地で、着用時に何かに引っ掛けてしまうと直ぐに“ 糸引き ” や “ ツレ ” 等が起こりやすい素材なので、染み抜きも、綿やポリエステルと比べれば難しいかもしれません。

しかし、キチンと気を付けて処理をすれば染み抜きは出来る素材ですので、諦めずに『ちゃんと染み抜きが出来るお店』へご依頼ください。

今回は広範囲に血液のシミが付いていましたが、比較的早めの処理が出来た事と、

当店の前に依頼した店が『何も手を付けずにいてくれたお陰』(下手に処理されると落ちなくなる場合があります)で、

生地も傷めることも無く、綺麗に染み抜きができたと思います。

シルクシフォン生地にシミを付けてお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。