新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

スカートの染み抜き

ウールスカートに付いた赤ワインのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

 
白いウールのスカートに赤ワインのしみが付いた品物の染み抜き事例。

前裾の部分に結構な量の赤ワインのしみが付いていました。

シミ部分は完全に乾いた状態でしたが、付いてからさほど時間は経っていないようです。

同じ「しみ」であっても付いている生地によって難易度は異なります。

薄いポリエステル生地に付いていたならば作業も比較的楽にこなせる場合が多いですが、

今回のように厚いウール生地に付いてしまった場合は少しばかり手間が掛かってしまいます。

処理した部分の生地にダメージを出さない様に慎重に処理いたしました。

結果、ダメージを与えることなく綺麗に落とせたと思います。

赤ワインのしみでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

マックスマーラ(MaxMara)他店で落ちなかったスカートの染み。

染み抜き 前

染み抜き 後

今回このマックスマーラ(MaxMara)のスカートを受け賜った時は、他店さまの包装に掛かったままの状態でお持ちになられ、『落ちません!』の札が付いたままの状態でした。

前脇の部分に「こぶし大程の黄色いシミ」が付いており、最初見た時は【他店で染み抜きを行い、何かの薬品により黄色く変色したもの】だという印象を受けたので、「もしかしたら落ちないかも」という事をお伝えしてお預かり致しました。

この様な地色が黄色く変色したモノは、シミの部分を色々といじくり回し、強い薬品を使用した時に発生する症状に度々みられる状態なので、前の店で何の薬品を使用したのか不明な為に不用意に染み抜き剤を使えない場合があるので、取扱いの難しい品物です。

ですが・・・イザ染み抜き作業に掛かったら思いの外、シミが落ちるものですから『自分の染み抜き技術が向上した!』などと錯覚をしてしまう所でしたが、何の事は無い【基本的な初歩の染み抜き】で綺麗に落とす事が出来ました。

それなのに、『落ちません!』の札を付けてお返しするとは、恐るべし!!

この様な事は度々あるのですが、「落とせない」だけなら罪は有りませんが、『落ちません!』とプロが言ったらお客様は信じてしまうので、罪は大きいと思います。

そんな札を信じたばかりに「本当は落ちるシミ」なのに諦めてしまい、着れなくなくなってしまうのは勿体ない!

世の中のそんな品物を少しでも無くせるお手伝いが出来たらと、これからも精進して参ります。

他店で『落ちません!』の札が付いてきて、諦めきれないお品物は有りませんか? 一度、ご相談ください。

綿スカート、後から出てきた古いシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

 

今回の事例は、「他店で落ちてこなかった」というものではなく、「他店でクリーニングしたが、保管中にシミが浮き出てきた」というものです。

最初からこのシミ自体は付着していたのですが、透明なシミだった為に適切な処理をされないままお返しされ、長期保管中にシミが酸化して黄色く浮き出てきたものと思われます。

この様なことは、「お酒」・「ジュース」・「油」等、付いた時点では透明で目立たないものに多く発生している現象で、クリーニング受付時点では店側の者も発見するのが困難な為、

見えないだけで確実に付着していると思われる場合は、受け付け時にその旨申し付ける様にお願い致します。