新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

ウール製品の染み抜き

ウールスカートに付いた赤ワインのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

 
白いウールのスカートに赤ワインのしみが付いた品物の染み抜き事例。

前裾の部分に結構な量の赤ワインのしみが付いていました。

シミ部分は完全に乾いた状態でしたが、付いてからさほど時間は経っていないようです。

同じ「しみ」であっても付いている生地によって難易度は異なります。

薄いポリエステル生地に付いていたならば作業も比較的楽にこなせる場合が多いですが、

今回のように厚いウール生地に付いてしまった場合は少しばかり手間が掛かってしまいます。

処理した部分の生地にダメージを出さない様に慎重に処理いたしました。

結果、ダメージを与えることなく綺麗に落とせたと思います。

赤ワインのしみでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

Pinky&Dianne(ピンキー アンド ダイアン)スカートに付いた不明の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

Pinky&Dianne(ピンキー アンド ダイアン)のウール・スカートに何か不明のシミが付いていました。
おそらく食べ物のシミではないかと思いますが、一応、基本の染み抜き処理から進めて行き、
だいぶ薄くなったところで、軽い漂白作業で綺麗に落とす事ができました。

ウール・ワンピースに付いた食べ物のシミ。 

染み抜き 前

染み抜き 後

ウール・ワンピースの裾部分に何か食べ物を付けてしまったような染みがありました。
早めにお持ち頂けたようなので、生地も傷める事もなく綺麗に落とすことができました。

付いたばかりなら簡単に落とせるシミでも、時間が経ってしまうと落としづらいシミとなってしまうので、早めにご依頼頂くのが一番です。

ウールジャケット、大量に付いた血液

染み抜き 前

染み抜き 後

このジャケットの他、対のズボン・綿の厚手コートも血液が大量に付いていたので、一緒に前処理後ウエットクリーニング処理。
シミの他、汗の汚れも一緒に落ち、綺麗サッパリ洗い上がりましたが、生地のハリや光沢は失わず仕上がりました。

ウールジャケット、原因不明の脱色

染色補正 前

染色補正 後

お客様自身はお気づきになっていなかった脱色でした。

袖口という箇所から、ご家庭で洗い物をした際に何らかの漂白剤が知らずに付いたものと思われます。

クリーニング後、染色補正で修正しました。

薄いグレーの中に僅かに赤色の混じった複雑な素材で、色を合わすのが難しい品物だった為苦労しました。

ウールパンツ、汗と尿による黄ばみ落とし、染み抜き事例。

染み抜き 前

染み抜き 後

ドライクリーニングでは水溶性の汗の汚れは落としきれないので、汚れが蓄積して「黄ばみ」が発生してしまいます。
ウール製品だから洗濯表示は「ドライ」になっているので、通常の処理はドライクリーニング。間違いではありません。
この品物を依頼すればほとんどのクリーニング店ではドライクリーニング処理をするでしょう。
「黄ばみ」が落ちていなくても(ドライで)”キチンと洗ってある”ので料金は発生するでしょうし・・・・・
”汗ぬき加工”をプラスしても「黄ばみ」までは落ちてくるでしょうか・・・・?


稲村ドライでは「お客様の着用状態」を見極め、適切な処理法方でクリーニング致します。
今回の品物は”ウエットクリーニング”(水洗い)+”復元加工”(黄ばみ取り)をしました。

せっかく料金を支払うのですから、適切な処理をしてくれる店に依頼したいですよね?
貴方の衣類も一度、裏返してみてください!「黄ばみ」が出ているようなら適切な処理の出来るお店へ・・・・

ウールジャケット裏地のカビのシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

タンスにしまっておいたままにしていたら、知らないうちに出てきたそうです。
染み抜き、漂白処理後、ウエットクリーニング処理で綺麗になりました。

ウールブラウス、食べこぼし染み

染み抜き 前

染み抜き 後

 

これは「他店で落ちなかったが、落として欲しい」と依頼された品物です。
画像にある通り他店の”落ちませんでしたカード”が付いたままの状態で持ち込まれました。
通常の基本染み抜き処理で難なく落とせました。
店により染み抜き技術の差があります。「落ちない」と言われた品物も諦めずにご依頼ください。

「その染み・・・本当は落ちるかもしれませんよ!」

ウール・ズボン、股の尿の染み

染み抜き 前

染み抜き 後

ウールズボンの尿のしみ。
尿の染みは「ドライクリーニング」だけでは落としきれないので、知らず知らずに蓄積され黄ばんできます。
腿の辺りのゴワゴワした感じも汗によるものですので、そう感じたら「汗抜きクリーニング」をご依頼ください。

ウール、カーディガンの脇の汗染み

染み抜き 前

染み抜き 後

地色が白だった為、品物の素材を痛める事なく落すことが出来ました。
色が濃いものですと、汗により変退色をおこしているものもあり、しみ抜きだけでは済まず
染色補正しなければならなくなる場合もあります。何にせよ早めのお手入れが重要です。


1 / 212