新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

カビ ・ サビの染み抜き

PINKY & DIANNE(ピンキーアンドダイアン)、白い別珍ジャケットのカビの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

 

PINKY & DIANNE(ピンキーアンドダイアン)、白い別珍ジャケットの袖部分にカビが付いた品物の染み抜き事例。

こちらは着用後クリーニングに出さずに保管していたら袖部分に画像の様なカビが出てしまいました。

一番酷かった部分が画像の袖部分なのですが、他にも襟や肩にもカビが有りました。

着用後にクリーニングしなかった事もあるでしょうが、保管場所や条件が悪かったのも原因だと思われます。

素材が綿で白いジャケットでしたので、部分的に染み抜き処理後に復元加工を行いました。

結果、綺麗に出来たと思います。

「カビ」のトラブルでお困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton) バッグのカビ落とし

処理 前

処理 前

処理 後

処理 後

処理 前

処理 前

処理 後

処理 後

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグの保管中に発生したガビ落としの事例。

全体にカビが出ていたので、全体をクリーニングいたしました。

専用の洗浄剤の中に入れ、ブラシでカビの部分を丁寧に擦り、カビを落としていきました。

今回はカビが中まで浸透していなかったようで、クリーニング後はカビの跡も残らず良かったです。

お気に入りのバッグのカビのトラブルは御座いませんか?

稲村ドライへご相談ください。

学生ブレザー、カビのしみ、制服クリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

学生ブレザーを保管していたら「カビ」が発生してしまった。ということでお預かり致しました。

仕舞う前にクリーニングしていたかは不明ですが、汚れたままですとカビの発生率は高くなると思います。

ウール混紡の制服ですから、通常はドライクリーニング(表示)ですが、

カビの発生と、学生制服ということで「ウエット・クリーニング」いたしました。

サッパリと洗いあがり、また気持ちよく着用できると思います。

当店では、学生制服はほぼ「ウエット・クリーニング」でお手入れさせて頂いております。

「ウエット・クリーニング」しますと『軽く感じられる』と仰って頂くこともございます。

それは「汚れ」が取り除かれたから、「汚れ」分の重さが無くなったからではないでしょうか?

是非、当店の「ウエット・クリーニング」により軽くなった制服の感覚をご体験ください。

綿シャツ 全体的なカビの染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 語

しみ抜き 語

 
「綿シャツを仕舞っておいたら、全体的にカビが発生してしまった」とご依頼を頂きました。

最初、着用したあと洗濯せずに仕舞われてカビが出てしまったものだと思ったら、

一応、洗濯をして仕舞っておいたのにカビが出てしまったとの事です。

保管中の条件が悪かったのでしょうか?

全体的に「カビ落とし」の処理を行いましたが、ストライプの柄にも影響が出ずに綺麗に落とせたと思います。

カビのトラブルでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

保管中に「カビ」が発生した本革ロングブーツのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

シーズンになったので履こうと思い取り出したら、保管中に「カビ」が出てしまった本革ロングブーツのクリーニング事例。

ブーツ(靴)は、余程汚れてしまわない限り、お手入れせずにそのまま保管してしまっているのではないでしょうか?

専用のクリーナーで汚れを落とし、クリームを塗ってから保管を・・・・などとマメにメンテナンスをしている方も中にはいらっしゃるでしょうが、

革製品は条件(湿度・温度・栄養)が揃えば「カビ」が発生してしまう事があります。

症状の軽いモノでしたら専用クリーナーで落とすか、もっと手軽にするなら固く絞ったタオルでふき取れば落とせる場合もあります。

しかし、何かとムレ易いブーツ、特にロングブーツにカビが発生した場合などはこの際「丸洗い」をしてサッパリさせる事をおすすめ致します。

ちょっとニオイが気になり出したブーツや、汚れ・カビが付いたブーツなどがございましたら、
稲村ドライへご相談ください。

綿ベストに付いたサビのしみ抜き事例。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

 

釣りの時に着用する(?)ベストの胸ポケットのところに、サビのシミが付いていました。

ベストの素材が綿でしたので、しみ抜き作業はそれほど難しい事例ではなかったですが、家庭洗濯では落とす事が難しい部類のシミです。

「サビ」のシミで良くある事例は、Yシャツの袖口に付いているもの。

特徴として「そで口の内側、それも左袖」だとほぼ間違いなく『 腕時計の金属ベルトから付いたサビ 』のシミでしょう。

ご家庭でYシャツを洗濯して落ちないシミがあった場合、上記と同じ条件だったら「サビ」のシミを疑ってみてください。

それともう一つ、Tシャツなどの「肩部分に付いている筋状のシミ」。

家庭で洗濯をした後、ハリガネハンガーで干していると、ハンガーの「サビ」が洗濯物に付くことがありますので注意してください。

これはハリガネハンガー(金属製)が濡れた品物により錆びるから起こるので、ハンガーを【ポリエステル製】のものに替えれば済みます。

チョットした事ですが、せっかく綺麗に洗濯をした品物にシミを付けない為の工夫として、参考にしてください。

スエード・ブーツ、カビの染み抜きと丸洗いクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

スエードのロングブーツを保管中に「カビ」が出てしまったのでクリーニングできますか?とご依頼頂きました。

拝見したところ全体にカビが発生しており、黒色のブーツが白っぽくみえる程でした。

こうなってしまったら全体を丸洗い(クリーニング)するしかありません。

革専用の洗浄液を作り、全体を漬けこみながら外側のスエード地の状態を確かめながらカビを落として行きます。

ロングブーツなので、当然中側は蒸れて汗の汚れが付着していると思われますので念入りに洗浄してニオイの元を落として行きます。

乾燥後、スエードの特長である毛並み・しなやかさを取り戻すように入念にブラッシングと特製のスプレーを掛けて仕上げます。

お客様には「買った時みたいに綺麗になっている!」と、お喜びのお言葉を頂きました。

ブーツに発生した「カビ」でお困りではありませんか?

稲村ドライにご相談ください。

伊達襟に付いたカビの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

伊達襟の裏側に「カビ」の染みが点々と付いていました。

おそらく、使用したままお手入れせずに仕舞われてしまったからだと思われます。

今回お預かりした品物は、裏側のみシミが出ていたので染み抜き処理は比較的楽に行えました。

しかし、それが表側にまで出ている様ですと『しみ抜き処理の手間』と『しみ抜き料金』も多く掛かってしまいますので、お手入れはマメになさる事をオススメ致します。

和服関係のトラブルでお困りでしたら、稲村ドライにご相談ください。

Masaki Matsushima(マサキ・マツシマ)革サイフ クリーニングとリカラーの事例。

お手入れ 前①

お手入れ 後①

お手入れ 前②

お手入れ 後②

Masaki Matsushima(マサキ・マツシマ)の革サイフをお預かりしました。
「マサキ・マツシマ」と検索すると「眼鏡フレーム」がヒットしますが、どれも洗練されたデザインのお品物ばかりで、とてもオシャレです。
今回お預かりした革サイフもとてもオシャレなデザインで、その上機能的にも優れた作りとなっていると思います。
そんな革サイフに「 カビ 」が全体的に出てしまいました。
それに[お手入れ 前①]の画像、右側部分には「紙が張り付いてしまった跡」がありました。

まず、全体的な「カビ」を除去した後、革専用の栄養クリームで栄養を補給しながら磨いていきます。
「紙が張り付いてしまった跡」の部分は、リカラー(染色補正)によりハゲてしまった革部分を綺麗に修正しました。

お持ちの『革サイフ』などのトラブル・お手入れは、当店にご相談ください。

皮革ブルゾン、カビのしみ抜きとクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 後

 

革ブルゾンにカビが全体的に出てしまった品物です。
特に「皮革製品」はカビの被害が出やすく、条件さえ揃えば「カビ」は出てしまいます。
それにはカビの栄養源となる「汚れを付けたままにしない」という事が一番重要になってくるので、定期的なお手入れをオススメいたします。
今回ご依頼になられたお品物は、比較的症状の軽いものだったのでクリーニング処理により綺麗になりました。

1 / 212