新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

スス・泥汚れの染み抜き

キティーちゃん ヌイグルミのクリーニング

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

最近お問い合わせが多くあるのが「ヌイグルミ」のクリーニングについてです。

元々、クリーニングすることを前提に作られていない為、

洗濯取扱い表示が付いていないものも多く、中の詰め物が何かわからないものも沢山あります。

クリーニングすることにより、「色泣き」や「変形」などのリスクのある品物です。

しかし、そこは洗濯のプロとして品物を見極め、適切な処理のもと綺麗にしていきます。

今回お預かりしたお品物も、頭の部分に目立つシミがあり、少し汚れてきたのでという事でお預かりしました。

結果は「色泣き」や「変形」なども無く、元の白さを取り戻し綺麗になりました。

「ヌイグルミ」のクリーニングでお困りの方は、稲村ドライへご相談ください。

モノコムサ(MONO COMME CA) 白いバッグ、染み抜きとクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 前

「シミ」と「黒いスレ汚れ」で汚れていた、モノコムサ(MONO COMME CA) の白いバッグの染み抜きとクリーニングの事例。

まずシミ部分の染み抜きをした後、全体をクリーニング致しました。

今回の品物はクリーニングによる色出等のリスクは低いお品物でしたが、

縮み等の変形の恐れがありましたので、慎重にクリーニングさせて頂きました。

結果は元の白さを取り戻し、綺麗に仕上がったと思います。

バッグのお手入れは、稲村ドライへご相談ください。

ヴィクティム(VICTIM) 革デッキシューズのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

ヴィクティム(VICTIM)はアメリカンカジュアルやワーク、ミリタリーといった要素を入れた服を作っている若者を中心に人気の日本のファッションブランド。

今回は当店のお得意様の一人、とてもオシャレなイケメン好青年という印象のお客様からヴィクティム(VICTIM)の「革デッキシューズ」のクリーニングを承りました。

全体的にホコリ等は付着していましたが、シミなどの汚れは無かったのでウエット・クリーニングにてメンテナンスをいたしました。

皮革製品をクリーニングする際には汚れを落とす事と共に、皮の持っている油分までも抜け落ちてしまうので、皮用の栄養を補給しながら洗浄するようにします。

洗い上がりは本来持っている革のツヤ・しなやかさが蘇り、整形仕上げにより履きグセ等を修正いたします。

貴方の革靴、汚れてくたびれてはいませんか?

革靴のメンテナンスも承っておりますので、稲村ドライへご相談ください。

コーチ(COACH)バッグのクリーニング、染み抜き。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

コーチ(COACH)ハンド・バッグの染み抜きとクリーニングの事例です。

「使っているうちに薄汚れてきてしまったので、クリーニングして欲しい」とお持ち下さいました。

最近では「バッグ」や「革サイフ」なども取り扱ってくれる業者も多くなってきたようですが、

元々は『クリーニングする事を前提に作られた品物では無い』という事をご理解頂きたいと思います。

当然、使用していけば汚れてきてしまうだろうし、予期せず「シミ」を付けてしまう事もあると思います。

そんな時は・・・何とかして綺麗にしてくれる所は無いか!?

と、クリーニング店を思い出して頂くのは大変ありがたい事ですが、

いくら『洗う事のプロ』であるクリーニング店でも、洗えない品物も有るという事もご理解頂きたいと思います。

洗う事により「酷く型崩れしてしまう品物」や「色が出てしまう品物」、「洗浄に耐えらえなく破損してしまう品物」等のリスクのあるお品物は、お断りする事も御座います。

今回お預かりしたお品物は、上記の問題は無いと判断いたしましたのでお取扱いをさせて頂き、綺麗にする事が出来たと思います。

お持ちの「バッグ」でトラブル等のお困りの事はございましたら、稲村ドライへご相談ください。

スキーウエアのクリーニングと染み抜き。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

こちらの事例は「お洗濯相談」のフォームより承りましたお品物です。

新潟でもスキー場の名所で有名な、湯沢町より宅配便でお送り頂きました。

お伺いしたところ、

「4年程前に県内某チェーン店にてクリーニングに出した後、クローゼットにて保管しておいたら、当初よりも前身頃や袖口の着色が進んだ様に見られ、ファスナー部分にも染みが見られます。」

ということでご依頼いただきました。

実際にお送りして頂いた品物を拝見した感想は、

少しは汚れの着色も進んでいたのでしょうが、そもそも袖口や身頃の汚れは『最初に預かった時点で落とさなければならない汚れ』のように感じました。

特に難しいシミという訳ではないのですが、落とすにはそれなりの手間を必要とする作業を行わなければなりません。

最初に依頼した近隣の店は【大手チェーン店】ということなので、料金的に手間を掛けた作業は行わなかった可能性があります。

そのこと自体は各店舗の営業方針でしょうが、それを(実際はお客様に手間を掛ければ落とせる事)伝えずにお返しするのはどうかと・・・・?

依頼した品物をどのように処理(仕上げ)して欲しいのかを依頼時に伝える事と、その要望に答えられる店に依頼することが大事です。

思うように汚れが落ちてこなかったお品物は御座いませんか?

稲村ドライへご相談ください。

エルメス(Hermes) フールトゥの染み抜きクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 後

エルメス(Hermes) フールトゥの染み抜き、クリーニングの事例です。

最近は、バッグ(革も含む)・靴(ブーツ)などの今まではクリーニングには滅多に出てこなかった、いわゆる『特殊品』と云われる品物の依頼・問い合わせが多くなってきました。

お気に入りで購入した品物、それも高額な商品であっても使用すれば少なからず汚れてきてしまいます。

それが・・・持ち歩くのに抵抗が有る程の汚れ(シミ)が付いた場合はどうしていたでしょうか?

「諦めて、使わない」・・・もしくは、「捨ててしまう」!?

それでは『もったいない!』とお考えの方は、現在に限らず以前から沢山いらっしゃったはずです。

しかし、「クリーニングで綺麗に出来る」なんて事も知らなかったし、

そもそも、「どこに依頼すればいいのか分からない」というのが現状でした。

現在はインターネットの普及で、何でも検索すれば知りたい事が出てきます。

バッグやブーツをクリーニングしてくれるお店だって検索すれば見つかるはずです。

大変便利な世の中になって来たものだと思うと同時に、『物を大切にする』という気持ちを持つ方が以前にも増して多くなってきたから、問い合わせ・クリーニング依頼が増えた要因の様な気がします。

お気に入りのバッグ(カバン)のトラブルでお困りではありませんか?

稲村ドライにご相談ください。

MINNETONKA(ミネトンカ)ムートン・ブーツのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

この「MINNETONKA」(ミネトンカ)も「UGG」(アグ)と並んで人気のブランドです。

ミネトンカのムートンブーツは、正真正銘本物のシープスキンを使っているので、フカフカ・ホワホワです。

「UGG」(アグ)の事例同様に、お手入れをして永くご愛用して頂きたいと思います。

UGG(アグ)ムートンブーツのクリーニング。

染み抜き 前

染み抜き 前

「UGGムートンブーツ」のクリーニングをご依頼頂きました。
ここ数年、絶大な人気を誇るUGGブーツ。「不細工」という意味の「ugly」が、ブランド名の由来になったのだそうですが、かわいらしい見た目と優れた機能性で女性を中心に人気アイテムとなっています。
ムートン(皮革製品)なので、ご家庭でのお手入れは難しいかもしれません。
お気に入りのブーツ、気持ち良くお履きになる為にクリーニングをして永く愛用して頂きたく思います。
「ムートン・ブーツ」のお手入れは当店にご相談ください。

ちなみに、「UGG(アグ)」というのはブランド名ではなく、オーストラリアで生まれたムートンブーツの総称だそうです。

※ 画像でもお分かりでしょうが、今回は「アフター画像」を撮り忘れてしまいました。

組曲(kumikyoku)子供のコートの染み抜き、クリーニング。

 

 

 

 

 

染み抜き 前

染み抜き 後

『組曲』といえば、オンワード樫山がプロデュースする、女性むけの上品なカジュアルスタイリングブランドです。
『組曲』の子供服も大人向けの服同様に、上質感と上品なカジュアル服が揃っており、色も奇抜な色はあまりなく、ナチュラルでシンプルなので男女兼用で使えるものが多くあります。
そんな人気ブランド『組曲』の子供用コートをお預かりしました。
汚れ具合から見ても、特に寒かった今シーズンの冬に活躍してくれていた事が伺えます。
また来シーズンも気持ち良く着用して頂けるようにお手入れさせて頂きました。
撥水加工も施してありますので、安心して次回もご着用頂けると思います。

浴衣、他店で落ちなかったシミ、ドロはね

染み抜き 前

染み抜き 後

 

これは山形の姪がお盆に帰省した時に持ってきた品物です。

お気に入りの浴衣で出かけたところ、裾に”ドロはね”が付いたので、地元山形のクリーニング・チェーン店に出したが落ちてこなかったという品物でした。

見たところ落とす事が出来ないというレベルのシミでは無いと判断したので、染み抜き処理へ、

しかし・・・”ドロはね”を一つずつ処理していく為、結構な手間が掛かる作業ではありました。

「落ちないと言われたのに、落とせるんだね~!?」 (良く言われるセリフです)

想像していた通りの反応でしたが、もっと驚いていた事として、それぞれクリーニング店の考えがあり、『手間を掛けてまで染み抜きをしない』という所もあるという事をでした。

 

 

1 / 212