新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

月: 2008年7月

汗は黄変の元!!

暑い季節になると汗をたくさんかきますが、衣類にとって悪影響を与えるのがこの汗。家庭で洗っているシャツやTシャツなどは、汗をかいたらこまめに洗うのが一番です。まめに洗っていても、工リ等がだんだん黄ばんでくるのは、皮脂汚れが落ちきれすに酸化してくるのが原因です。

そこで皮脂汚れ等の油成分を落とす方法として前処理剤を使うのが有効です。エリ、袖口にぬって洗濯すると落ちやすくなります。

しかしすでに黄ばんでしまったものは漂白するしかありません。桶などに40度~50度くらいのお湯を入れ、液体の酸素系漂白剤と洗剤を入れます。そこに衣類を30分くらいつけてから、そのまま洗います。黄ばみが取れない場合は、液体の酸素系漂白剤を黄ばみ部分に直接塗り、しばらく放置後、つけ置きすると効果的です。今回の方法は、基本的に綿やポリエステル素材の白い肌着やTシャツ(色物は色が流れ出す場合がありますので注意)の洗濯方法です。それ以外の素材や染色、また、大切な衣類の場合は、プロのクリーニング店にお任せ下さい。

あまり知られていませんが、この時期が最も衣類が賞変しやすい季節です。クリーニングし忘れている冬物衣料はございませんか?

今一度お確かめ下さいませ。早自のお手入れをおすすめ致します。

(山ノ下通信2008年7月13日掲載)