新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

月: 2011年8月

「ロゴマーク」が出来ました!

稲村ドライの「ロゴマーク」が出来上がりました。

以前から「ロゴマーク」は欲しいとは思っていたのですが、店のイメージを決定付けるマークだけに制作には慎重になっていました。

そんな折、本気で制作しようと思わせたキッカケは偶然に知り合った印刷屋の営業マン。

まだ新米営業マンらしい若い青年なので、最初は任せても大丈夫か?とも心配もしてましたが、何度も店に通ってくる一生懸命さと、

私のわがままな注文にも「NO!」と言わず、「何とかします!」 「会社に相談してみます」と前向きな答えしか返さない営業姿勢に心が動かされました。

それに、その様な注文にも答えてくれたデザイナー・スタッフにも感謝です。

 

<以下、デザイナーより「ロゴマーク」のコンセプトを頂きました>

クリーニング店ということで、”爽やかさ” や ”清潔感” を感じられるものとして制作しました。

「吹き抜ける風」 と 「その風になびく衣類」をイメージしています。

緩やかな曲線とシャープなエッジを用いさせていただくことで、やわらかいイメージの中にも、こだわりや技術力をしっかり感じられるものとさせて頂きました。

そして、全体的に稲村ドライ様の頭文字である  i  d の形を模しており、サブリミナル的にお客様に浸透していくことができるロゴマークを制作させていただきました。

 

 

まだ自店のロゴマークは持っていないが、いずれ欲しいとお考えの方は一度相談してみてください。 オススメです。

 

株式会社 アイディ・東和

〒950-3131 新潟市北区濁川  1306-1

tel: 025-258-7611      fax: 025-258-7615

Email : info@idtowa.jp

浴衣、他店で落ちなかったシミ、ドロはね

染み抜き 前

染み抜き 後

 

これは山形の姪がお盆に帰省した時に持ってきた品物です。

お気に入りの浴衣で出かけたところ、裾に”ドロはね”が付いたので、地元山形のクリーニング・チェーン店に出したが落ちてこなかったという品物でした。

見たところ落とす事が出来ないというレベルのシミでは無いと判断したので、染み抜き処理へ、

しかし・・・”ドロはね”を一つずつ処理していく為、結構な手間が掛かる作業ではありました。

「落ちないと言われたのに、落とせるんだね~!?」 (良く言われるセリフです)

想像していた通りの反応でしたが、もっと驚いていた事として、それぞれクリーニング店の考えがあり、『手間を掛けてまで染み抜きをしない』という所もあるという事をでした。

 

 

浴衣、食べこぼしのシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

 

浴衣の裾の方に不明(おそらく食べこぼし)の染み抜きの事例です。

お客様があらかじめ”糸印”をつけてくださっていました。

今回は通常のクリーニング料金内で染み抜きをさせて頂きました。

着物クリーニング「振袖」保管中に出てきたカビの染み抜き

染み抜き 前 

染み抜き 後

 

「振袖の着物全体にカビが発生してしまい、何とかなりますか?」とご依頼頂きましたが、完全には修復するのが困難なことと、しみ抜き代金が高額となってしまうことから、”花柄の白い部分”のみの染み抜きということでお受け致しました。

花柄の白い部分、1ヶ所ずつ「洗浄染み抜き」→「和服用漂白処理」→「染色補正」と結構な時間が掛かる作業となってしまいました。

あらかじめ「しばらく着る機会が無いから、時間は掛かって良いですよ」と言って頂いていたのでじっくり時間と手間をかけて綺麗に出来たと思います。

長期に着用する機会が無いという事で、「着物クリーンパック」もご提案させて頂きました。

綿スカート、後から出てきた古いシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

 

今回の事例は、「他店で落ちてこなかった」というものではなく、「他店でクリーニングしたが、保管中にシミが浮き出てきた」というものです。

最初からこのシミ自体は付着していたのですが、透明なシミだった為に適切な処理をされないままお返しされ、長期保管中にシミが酸化して黄色く浮き出てきたものと思われます。

この様なことは、「お酒」・「ジュース」・「油」等、付いた時点では透明で目立たないものに多く発生している現象で、クリーニング受付時点では店側の者も発見するのが困難な為、

見えないだけで確実に付着していると思われる場合は、受け付け時にその旨申し付ける様にお願い致します。

日傘クリーニング


夏の日差しから守ってくれる日傘。

最近はししゅうやフリルをあしらったものや雨兼用のものもあり、便利でおしゃれな物がたくさんありますね。

そこで・・・・・「日傘洗ってますか!?」

この時期日傘をお預かりしてみると結構汚れています。外気はホコリやチリでいっぱいなので当然日傘にも付着しています。

それに紫外線を浴びているので日焼けや色あせしたものも多く見られます。

このような日傘も洗う事によって綺麗になりますし、色あせしたものも染色補正によって修正する事もできます。

お手入れするとサッパリして気持ち良く使えるのでご相談下さい。

 

山ノ下通信2011年8月14日掲載

FacebookのLikebox設置

topページに「Likebox」を設置と、各記事ページに「いいね!」ボタンと「Google+1」ボタンを設置しました。

「いいね!」ボタンをクリックして、Facebookにご参加くだされば幸いです。

宜しくお願い致します。