新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

年別: 2012年

スエード・ブーツ、カビの染み抜きと丸洗いクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

スエードのロングブーツを保管中に「カビ」が出てしまったのでクリーニングできますか?とご依頼頂きました。

拝見したところ全体にカビが発生しており、黒色のブーツが白っぽくみえる程でした。

こうなってしまったら全体を丸洗い(クリーニング)するしかありません。

革専用の洗浄液を作り、全体を漬けこみながら外側のスエード地の状態を確かめながらカビを落として行きます。

ロングブーツなので、当然中側は蒸れて汗の汚れが付着していると思われますので念入りに洗浄してニオイの元を落として行きます。

乾燥後、スエードの特長である毛並み・しなやかさを取り戻すように入念にブラッシングと特製のスプレーを掛けて仕上げます。

お客様には「買った時みたいに綺麗になっている!」と、お喜びのお言葉を頂きました。

ブーツに発生した「カビ」でお困りではありませんか?

稲村ドライにご相談ください。

綿カーディガンの色剥げ修正。

修正 前

修正 後

綿カーディガンの肩と袖口に「色剥げ」が出来たという事で染色補正の依頼を承りました。

なぜ「色剥げ」が出来てしまったか、理由は不明とのことでしたが、

何も無ければ「色剥げ」が起こることも無いでしょうから、何かが付着して「色剥げ」が起きたと考えられます。

付いた物質によっては、すぐに「色剥げ」を起こさないで時間が経過してから現象が現れる事もあります。

場合によっては、クリーニング店へ依頼した事により処理工程で“ 熱 ”が加わり、付着した物質が反応することにより「色剥げ」を起こしてしまう事も有ります。

『掃除用洗剤』等が衣類に付着してしまったのを気づかないで、後に「色剥げ」が現れてきた時は何故?となる場合が多く、詳しくお話しを伺うと「掃除の時に着用していた」という事もしばしば耳にします。

お掃除の時はなるべく汚れても良いような服を着て頂くか、出来るだけ『掃除用洗剤』等が付着しないようにご注意ください。

「色剥げ」でお困りの衣類は有りませんか?稲村ドライへご相談ください。

ズボンに付いた修正液の染み抜き。染み抜きの極意!?

染み抜き 前

染み抜き 後

今回の事例は、ウール・スラックスに修正液(ペンキ?)が付いた物の染み抜きです。

裾の方に2か所だけ、範囲も広くなかったので比較的楽に落とす事が出来ました。

しかも、染みを付けてから 「いじらず」「時間を置かず」にご依頼頂きましたので大変作業がし易く染み抜きできました。

染みを付けた時は何にでも言える事なのですが、「いじらない」「時間を置かない」事が染み抜きを容易にする一番のコツ。

「いじらない」・・・シミを付けてしまった時は、思わず何かで拭いてしまいがちですが、シミを繊維の中まで浸透させてしまう恐れがある事と、拭くことによりシミの範囲を広げてしまい、後からの処理に時間が掛かってしまう事があるからです。

「時間を置かない」・・・何のシミでもそうですが、付いたばかりの時は落ちやすいのです。時間が経つにつれ、硬化や酸化黄変などの変化が起きて落ちにくくなります。

落ちにくくなれば品物に掛かる負担も多くなりますし、染み抜き作業に掛かる手間も増える事になり、料金も割高になる可能性もあるので、シミを付けてしまったら「いじらず」「時間を置かず」を心掛けることこそ『染み抜きの極意』かもしれません。

「サマーセーター」脇の色ハゲ、染色補正で修正。

修正 前

修正 後

サマーセーターの脇部分の色が落ちて変色してしまったお品物の事例です。

セーターでも「サマー」と付くのですから『夏』に着用されるアイテムだと思います。

なので当然連想されて付く物として『 汗 』が考えられます。

特に「綿」や「麻」等の天然素材の色の濃い品物の場合は、汗と紫外線で【色落ち】や【変色】を起こしている事が多く見られます。

あまり汗をかいていないので・・・とか、少しの時間しか着ていないから・・・と、

着用した後、お手入れせずに保管してしまう事が一番【色落ち】や【変色】を引き起こす原因となります。

今回お預かりしたお品物も、「麻」素材の「茶色」のサマーセーター、一番【色落ち】や【変色】をし易そうな品物です。

脇の部分は緑色に変色していました。

地色が「茶」なので「茶色の染料」で修正をして行きたい所ですが、上手く行かない事の方が多く有ります。

ではどう修正するか・・・?ですが、元の地色から抜け落ちた「色」を見つけ、補色をして修正をして行きます。

何だか分からないと思いますが、お客様はそんな事を知る必要はありません。

その為に我々クリーニング師がいる訳で、その様な事例に対応する為にも染色の事を勉強しているのです。

大切なお品物の【色落ち】や【変色】でお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

おどり着物の「紋」落とし。

染み抜き 前

染み抜き 後

こちらは、おどり着物の「紋」の染み抜きという少し珍しい事例です。

ご自身でおどり着物に「紋」をマジックで書かれたそうですが、

滲んでしまい上手く書けなかったので落として欲しいと依頼されました。

「マジック」で書かれたという事なので、普通にマジックの染み抜き工程を致しました。

着物の素材は「ポリエステル」でしたから、さほど難易度の高い染み抜きではありませんが、

インクの染み抜きではいつもの事ですが、見た目以上の大量のインクが出てきますので、

品物の下に敷いたペーパーに移し取る作業を何回も繰り返す手間の掛かる作業となります。

多少薄く残った様な気もしますが、良く見なければ分からないレベルには落とせたので良かったです。

綿シャツの襟が赤く変色!?色剥げ修正。

染色補正 前

染色補正 後

黒色の綿シャツの襟が、汗と紫外線により退色して色が変わってしまった事例です。

今回のように「襟の部分」の場合は、お客様も『色ハゲ』が原因だと判断が出来ると思いますが、

それ以外の普通では『色ハゲ』を起こす事のないような場所の場合は『シミ』と勘違いされる事もあるようです。

大体は『色ハゲ』を起こしたといえば、その部分は『白くなるもの』と思われてしまうので、「染み抜きをお願いします」とお持ち頂くことも度々あります。

今回お預かりした黒や紺のような濃い色の場合ですと「青系の色が退色」して赤く変化してしまうようです。

その訳は【色の三元色】によるものなのですが、今回は説明を省かせて頂きます。

そして修正をするにあたり、その【色の三元色】の原理を上手く使い「退色」した色を「補色」して元の色の状態に修正していきます。

文章にすると簡単なように思われてしまうかもしれませんが、これがなかなか上手く色を合わせる事が難しく、コレ!と言った習得方法もあまり無いので、結局は日々の修練とセンスにより習得して行くしかありません。

現在のクリーニング店では・・・『染み抜きをしている所』は結構見つかると思いますが、『染色補正までやれる所』はまだまだ少ない方だと思います。

貴方のタンスの中に「落ちないシミ」の付いた洋服は眠っていませんか!?

もしかして!そのシミ・・・「落ちないシミ」ではなく、「変色しているシミ」だったら・・・・

当店の『染色補正』でまた着用できるようになるかも知れません。

ご相談をお待ちしています。

アルマーニ(Armani) シルクネクタイに付いたインクの染み。

染み抜き 前

染み抜き 後

アルマーニ(Armani)シルクネクタイの先に少しばかりインクの染みが付いていました。

お客様からはお預かり時に特に何も言われなかったのですが、クリーニング前の検品時に見つけたので染み抜きをしました。

ほんの少しばかりの染みだから“ササッ”と処理したかったのですが、凄く柔らかなシルク素材のネクタイでしたので、生地を傷めないように処理するのが難しかったです。

それに表面には少しばかりしか付いていない様に見えていますが、インクの染みは見た目以上に濃度が濃く、染み部分を処理すると思った以上に染みが広がる事があります。

結果は、生地も傷めることなく綺麗に染み抜きできたと思います。

シルクネクタイに付いた染みでお困りでしたら、稲村ドライにご相談ください。

ジーンズ、油シミの染み抜き事例。

染み抜き 前

染み抜き 後

家庭洗濯で落としづらい「シミ」の一つ、『油シミ』。

その『油シミ』がジーンズに付いてしまったので、落として欲しいとご依頼いただきました。

一応、ご家庭で洗濯はされた様ですが、家庭洗濯は「水洗い」ですので、『水溶性の汚れ』は落とす事が出来ても、“水には溶解しづらい”『油シミ』を落とす事は難しかったようです。

その難しい『油シミ』を落とす為には、『油』を水に溶解しやすくする為に色々な「染み抜き剤」や「前処理剤」を使い、『油シミ』の部分を処理してから洗濯をする事となる訳ですが、なかなか家庭では難しい作業だと思います。

今回ご依頼のジーンズは色の薄い品物でしたが、色落ちがあまり無い状態の色の濃い品物ですと、『油シミ』の部分を下手に染み抜き剤などで処理した場合、白くスレ等を起こしてしまう事も有りますので注意が必要です。

家庭洗濯では特にその様な事故が起こる可能性が高いので、いくら「家庭で洗濯の出来る」ジーンズであっても、

「家庭で落とせないシミ」が付いた場合には、プロに依頼するという事もお考え頂けたらと思います。

家庭洗濯で落とせない汚れ・シミでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

ワンピース、色泣き・移染の染み抜き修正。

染み抜き 前

染み抜き 後

上が「紺」、下が「白」のツートンカラー・ワンピース。

紺の部分の色が落ちて、下の白い部分に移染してしまったので、落として欲しいとご依頼いただきました。

何故!?移染してしまったのかは不明ですが、確かに『色落ち』する衣料は有ります。

特に最近多いのは、化学繊維なのに『色落ち』する素材が有るので、取扱いも難しいと思うことが増えてきました。

モノによっては「着用しているだけで他のものに移染してしまう」商品も有るようです。

実際に「色落ちを止めてください」という品物の依頼も先日にうけ賜ったばかりですから・・・

大体、この様な品物の取扱い表示には【色落ちする場合がございますので、他のものと一緒に洗わないでください】などと注意書きがありますが、

注意を呼び掛けるる位なら、色落ちしない品物を作って欲しいと思います。

マックスマーラ(MaxMara)他店で落ちなかったスカートの染み。

染み抜き 前

染み抜き 後

今回このマックスマーラ(MaxMara)のスカートを受け賜った時は、他店さまの包装に掛かったままの状態でお持ちになられ、『落ちません!』の札が付いたままの状態でした。

前脇の部分に「こぶし大程の黄色いシミ」が付いており、最初見た時は【他店で染み抜きを行い、何かの薬品により黄色く変色したもの】だという印象を受けたので、「もしかしたら落ちないかも」という事をお伝えしてお預かり致しました。

この様な地色が黄色く変色したモノは、シミの部分を色々といじくり回し、強い薬品を使用した時に発生する症状に度々みられる状態なので、前の店で何の薬品を使用したのか不明な為に不用意に染み抜き剤を使えない場合があるので、取扱いの難しい品物です。

ですが・・・イザ染み抜き作業に掛かったら思いの外、シミが落ちるものですから『自分の染み抜き技術が向上した!』などと錯覚をしてしまう所でしたが、何の事は無い【基本的な初歩の染み抜き】で綺麗に落とす事が出来ました。

それなのに、『落ちません!』の札を付けてお返しするとは、恐るべし!!

この様な事は度々あるのですが、「落とせない」だけなら罪は有りませんが、『落ちません!』とプロが言ったらお客様は信じてしまうので、罪は大きいと思います。

そんな札を信じたばかりに「本当は落ちるシミ」なのに諦めてしまい、着れなくなくなってしまうのは勿体ない!

世の中のそんな品物を少しでも無くせるお手伝いが出来たらと、これからも精進して参ります。

他店で『落ちません!』の札が付いてきて、諦めきれないお品物は有りませんか? 一度、ご相談ください。