新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

月: 2012年9月

婦人ジャケット、汗による脇の色剥げ染色補正での修正。

修正 前

修正 後

「ジャケットの脇部分の色が抜けたのですが、直りますか?」と、ご相談を頂きました。

汗をかいた状態で適切な処理、この場合は『水洗い』をしなかった為に、ジャケット脇部分の染色が壊れて色が抜けてしまったものだと思われます。

依頼品は「ウール」と「ポリエステル」の混紡品でしたので、お預かり時には「上手く色が入らない場合もある」旨をご説明致しました。

まずは染色補正の前に、汗の成分等が残っていては上手く色が入らない場合がありますので、全体をウエットクリーニングしました。

そして染色補正へとなりますが、“ 模様 ”の有るジャケットですので、修正は「模様部分」と「地の部分」を分けて2度処理する方法で行いました。

予想した通り、最初はなかなか色が上手く入って行かず苦労しましたが、モノトーンカラーで色合わせが比較的楽でしたので違和感も出ず上手く修正出来たと思います。

お引取りに来られたお客様が品物を確認して一言、「凄い!」「また何か有ったらお願いします」と仰ってくださいました。

そのお言葉がなにより嬉しく、今後の作業へのモチベーションUPに繋がります。

汗による「色剥げ」「変色」で着られなくなってしまった衣類は有りませんか?

諦める前に一度、稲村ドライまでご相談ください。

カルバンクライン(Calvin Klein)日傘の「黄バミ落とし」と「染色補正」の事例。

染み抜き 前

染み抜き 後

今回は、カルバンクライン(Calvin Klein)の淡い紫色の日傘に、黄バミの筋が出来てしまった品物の事例です。

ご依頼頂く日傘の中でも濃い色の日傘は、紫外線などにより色が『 退色 』してしまっている物が多く見られますが、

淡い色の日傘の場合は黄色く筋状のシミ、『 変色 』をしている場合が多くあります。

その場合は、変色部分の染み抜き作業を行うわけですが、染み抜きをすれば「元の色」に戻るという訳には行かない事の方が多いです。

「白い日傘」の場合ですと比較的、染み抜きだけで済む場合が多いですが、今回のように淡い色の場合は、染み抜きをした後の地色が抜けている事が多いので、『染色補正』で修正をしなければなりません。

今回はお客様との相談で、「修正が難しい場合は元の色より濃い目の色で修正する事」をご了承頂けましたが、

出来る限り元の状態に戻せたら・・・と、色合わせの難しい淡い紫色でしたが、何とか染色補正で修正する事ができました。

お気に入りの日傘のトラブルでお困りでしたら、ご相談ください。

セーター袖の虫くい穴の修理。

修理 前

修理 後

セーター袖の「虫くい」穴の修理の事例です。

温暖化の影響なのか、クリーニング依頼をお受けしたお品物の「虫くい被害」のある衣料が目立ちます。

大体、お客様自身は気づいて無いことが多く、ビックリされる事が多いです。

そこで修理のご提案をさせて頂くのですが、『修理代金』にもビックリさせては申し訳ないので、お手頃価格での修理をご提案させて頂くと、ほとんどのお客様がご依頼して頂けることが多いです。

「虫くい穴」が有るばっかりに着られないなんて、もったいない!

ちょっとした「キズ」 「破れ」 「ホツレ」など、何処へ依頼したら良いか悩んでいる方は、クリーニング店へご相談ください。

お手頃価格でのお直しをご提案させて頂きます。

白ネクタイに付いた食べ物のしみ抜き。諦める前に相談を・・・

染み抜き 前

染み抜き 後

お客様からは「シミが落ちないようなら諦めるから、落ちるならやって下さい」という感じでお受けいたしました。

今は格安のネクタイも販売されているので、わざわざクリーニング店へ依頼してまでと考えてしまうのはしょうがないのかも知れません。

それも、そんなに高価なお品物では無い場合などは特にそうなる場合が多く、近年その傾向が増してきているように感じます。

時代の流れなのでしょうか?

『使い捨て』・・・モノによっては便利と感じるものもあるでしょうが、衣類にはその様な風潮は来てほしくないですね。

衣服は「身に着ける物」その上、お気に入りの物を選んで購入したのだから、『 愛着 』というものもあるでしょう。

そのような時代に対抗して、「リサイクル」に代表されるように「もったいない精神」も見直されてきています。

クリーニング店は「もったいない精神」に一番近い業種であり、貢献できる職業であると思います。

諦める前に一度、ご相談ください。

ビバユー (VIVA YOU)綿コートの襟の黄バミ、通常料金内での染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

若い女性に人気なブランド、ビバユー(VIVAYOU)の綿コートの襟の黄バミ落としの事例です。

今回お預かりしたコートは白色でしたので、比較的、襟の黄ばみを落とす事は難しく有りませんでした。

そうは言っても、すべてのクリーニング店で「襟の黄バミ」を当たり前の様に落としてくれるかどうかは分かりません。

それぞれの店の考え方がありますので、「有料染み抜き」扱いや、「落とさない」でそのまま・・・という所も有るかも知れません。

当店では、この程度の襟の黄バミなら『通常のクリーニング料金内』で染み抜きまでお取扱いをさせて頂いております。

「通常のクリーニング料金」が安いから・・・という理由でクリーニング店を選ばれていても良いと思いますが、

『追加しみ抜き料金が掛かった』 『汚れが落ちてこない』(他店へ再依頼)などで、結果的にお高く付いてしまうようなら、最初から当店へご依頼くださった方が、お得かも知れませんね。

バーバリー (Burberry)ホワイトジーンズ、ベルトからの移染の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

バーバリー (Burberry)ホワイトジーンズの全体的な汚れと、ウエスト部分の革ベルトからの色移りの染み抜き事例。

真っ白な「ホワイトジーンズ」は爽やかで夏に履くにはピッタシのアイテムではないでしょうか?

しかし、白だけに他のカラーよりも一段と『汚れ』が目立つアイテムなので、お手入れはキチンとしておいて欲しいところです。

今回お預かりした品物は、ホワイトジーンズなのに少しハードに着用されたご様子です。
全体的に、何かをこぼした様なシミが付いていて、ウエスト部分は汗により革ベルトからの色移りが見られました。

ウエスト部分の移染処理をした後、全体的な染み抜き処理。
その後、復元加工で元の真っ白いジーンズに復活しました。

購入した時の「輝くような白さ」を取り戻したいと思うお品物がございましたら、ご相談ください。

「世界に一つしか無いTシャツ」!?果汁の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

マジシャンが、引いて貰ったトランプにサインを書かせた際に言うセリフで、
「以前に〇〇〇〇のトランプにサインをした事が有りますか?」と尋ね、
客が「ありません」と答えたとしたら、
「では、このトランプは世界にたった一つのトランプという事になります」というやり取りがありますが、
それは、【 ある物に手書きで書いた場合、まったく同じ物が存在しない 】という事。=【 世界で一つだけの物 】となる訳です。

今回お預かりしたお品物も、サインペンで手書きで描かれたデザインが特徴の『世界で一つだけのTシャツ』です。

そのTシャツにどうした訳か” スイカの汁 ”が掛かってしまいシミになってしまいました。

スイカの汁のシミ自体はさほど難しいシミではありませんが、付いている場所が手書きのデザイン画に掛かっているので、作業は困難です。
「サインペンの染み抜き」はというと、落とす事は可能なシミの部類となっていますが、
今回のように、『サインペンのインクは落とさないで、果汁のシミだけ落とす』という特殊な作業は難易度が高い作業となります。
ぶっちゃけ、『サインペンのインクごと果汁のシミを落とす』事の方が楽なのですが、
そこは【 世界で一つだけの物 】ですからそんな訳にも行かず、慎重に「スイカの汁」だけ染み抜きして行きました。

お客様も心配されていたご様子ですが、結果は苦労の甲斐あって上手く行ったと思います。
お届けして確認をして貰った時は、大変喜んで頂きました。