新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

品物・素材の種類 | ページ 3

革バッグ、色移りの染み抜き、クリーニング

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

黒い洋服を着用していた時に、肩からこちらのバッグを掛けていたら色移りをしてしまったというトラブルです。

染色の弱い品物や、デニム製品などを着用していると、稀にスレなどにより他の品物に色が移ってしまう事があります。

予防方法は色移りしやすい洋服(品物)を着ない事か、注意して着用することしか無いのでしょうか?

出来ることならこのような色が簡単に移ってしまうような品物は作って欲しくはないと思います。

今回お預かりしたバッグの革の質感を変化させたくなかったので、出来たら染色による修正はしたくはありませんでした。

処理方法としては出来るところまで染み抜き処理により色を落としてから革バッグ・クリーニングをいたしました。

結果、ほとんど移った色を落とすことが出来て良かったです。

バッグや洋服に色移りしたトラブルでお困りではありませんか?稲村ドライへご相談ください。

白綿パンツ 色移りの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

白の綿パンを履いている時に何かに腰かけたのか、一緒に着ていた衣類からの色移りなのか?

青い色が股からおしりの辺りに付いています。

よく有るのが、デニムを重ね着していると一緒に着ていた品物に色移りしてしまったというご依頼があります。

今回もその様なトラブルでご相談がありました。

染み抜きは手間の掛かる作業となりましたが、地色が「白」なので元の色を抜く心配が無い代わり、

少しでも残っていると目立ってしまうので、完全に取り除かなければなりません。

結果は上手く染み抜き出来たと思います。

パンツの色移りのトラブルでお困りではありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

ドレス、胸元に付いたワインのシミ

染み抜き前

染み抜き前

染み抜き 後

染み抜き 後

ピンクのドレスの胸元から前全体にかけてワインのシミが大量に付いていました。

画像は胸元のみを拡大してあるものです。

素材は忘れましたが、たぶんポリエステルか何かの混紡だったと思います。

こちらのお品物もシミが付いてから比較的早めにご依頼くださったので、

範囲が広く大変手間は掛かりましたが、綺麗に取り除くことが出来ました。

ワインのシミでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton) バッグのカビ落とし

処理 前

処理 前

処理 後

処理 後

処理 前

処理 前

処理 後

処理 後

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)バッグの保管中に発生したガビ落としの事例。

全体にカビが出ていたので、全体をクリーニングいたしました。

専用の洗浄剤の中に入れ、ブラシでカビの部分を丁寧に擦り、カビを落としていきました。

今回はカビが中まで浸透していなかったようで、クリーニング後はカビの跡も残らず良かったです。

お気に入りのバッグのカビのトラブルは御座いませんか?

稲村ドライへご相談ください。

羊皮のバッグに付いたアロマオイルのシミ

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

羊皮のバッグにアロマオイルをこぼしてしまい、シミになった品物の染み抜き事例。

お電話でのお問い合わせでしたが、シミを付けてしまった直後のお問合せでしたので、出来たら早めにお持ちくださいとお伝え致しましたところ、

その日のうちにご来店くださり早めの処理ができたのが功を奏し、綺麗にシミを落とせたと思います。

大体のシミに言えることですが、付いてしまったばかりの状態が一番落としやすいと思いますので、

時間を置かず、早めにご依頼いただけたらと思います。

革のバッグのトラブルでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

Yシャツに付いた大量のワインのシミ

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

大量のワインが掛かってしまったYシャツ。

 

ワインのコルクを抜く時に勢いあまって掛かってしまったのか?

パーティーの席で予期せずワインを掛けられた不幸な事故なのか?

それとも・・・酔っ払って自分で掛けてしまったのか?

 

どんな事情が有ろうとも私達クリーニング店には関係がございません。

ワインが付いてしまったのなら、染み抜きして落とすのみです。

お客様がお困りの場合、どのような経緯があろうともご依頼くださったらベストを尽くします。

今回は大量に付いていたので結構な手間が掛かってしまいましたが、綺麗になって良かったです。

ワインのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

フードに付いている「ファー」、変色の修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

ダウンコートなどのフードに付いている「ファー」本来の役割は、

ファーで顔周りを覆うことにより凍結防止の為や、フード内への冷気・風の進入を防ぐそんな役割でファーが付いているそうです。

そんな役割を持つ「ファー」が変色してしまった品物の修正事例。

お客様は、変色してしまったから見た目が悪いので取り外そうかとも考そうですが、

お客様曰く、「ファーが付いていると、フードが脱げなくて良いのよ」と、

ダウンコートのフードの重さとのバランスの為に必要とのことで、

出来たら色掛けをして修正できないものかとご依頼くださいました。

抜けてしまった色を補うことにより、何とか修正できたと思います。

毛皮・皮革製品のトラブルでお困りではありませんか?

そんな時は、稲村ドライへご相談ください。

「ルイ・ヴィトン、LOUIS VUITTON」「サルヴァトーレフェラガモ、Salvatore Ferragamo」「エルメス、Hermès」のネクタイの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

今回はいずれも高級ブランドの「ネクタイ」の染み抜き事例を3つ。

「ルイ・ヴィトン、LOUIS VUITTON」のネクタイは、赤いボールペンのシミ。

「サルヴァトーレフェラガモ、Salvatore Ferragamo」のネクタイは、何かをこぼしてしまったシミ。

「エルメス、Hermès」のネクタイは、結び目が顎に触れるために付いた皮脂のシミ。

同じシルク素材のネクタイですが、付いたシミの種類はそれぞれ違います。

シミの種類に適した方法でそれぞれ染み抜きを行いました。

高級ブランドの「ネクタイ」にシミが付いてお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

子供の綿入りブルゾン 「キワつき」修正の事例

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

今回の事例は、「クリーニングに出したけど黒いシミのようなものが取れない」とご相談を受けました。

「修正 前」の画像の黄色の丸で囲ってある部分に黒い筋状のシミのようなものが見えると思います。

これは『クリーニング時の脱水(脱液)と乾燥が不十分な為に不純物が集まり残留したシミ』です。

この現象は高密度織物や、コーティングされた生地で出来た中わた入りの製品の特に縫い目に沿って現れる現象ですが、

使用しているドライ溶剤が汚れていたり、洗剤を良く濯ぎきれていないのに、時間短縮や節水の方に重点を置く店舗に見られる現象だと思います。

適切に管理された綺麗な溶剤でクリーニングすれば、このような事にはならないと思いますが、

稀に防寒性を高めるためか、通気性を抑える為に高密度の生地とコーティング加工によりどうしても出来てしまうものもあるようです。

それはそれで、【特別な方法】でキワつきを無くす様にしているので、

” キワつき ” でお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

濃い色のパーカー、日焼けによる色ハゲの修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

「保管していたら、何だか分からないけど色が抜けていた」とご依頼を頂いたお品物。

濃い焦げ茶色のパーカー(綿)のフード部分から肩にかけて色ハゲが見られます。

おそらく保管中に紫外線や蛍光灯の光によって退色してしまったものと思われます。

お店に色が抜けてしまった品物を持ち込まれ「しみ抜きできますか?」とお問い合わせ頂く事がございますが、

色が抜けてしまった物は『しみ抜き』では対処できません。

色ハゲの場合は【元々の色が無くなってしまった】ので、無くなった色を補っていく作業となります。

今回は、クリーニング後に「染色補正」により修正いたしました。

広範囲による色ハゲの場合、修正後に違和感が出る可能性もありましたが、

気になるような違和感も無く修正できて良かったです。

お気に入りのお品物の「色ハゲ」でお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。