新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

品物・素材の種類 | ページ 5

シルクワンピース、色移り事故、染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

シルクワンピースの背中部分に、何か移染したようなシミがありました。

このお品物は一度、他店様へ依頼したそうですが「落ちません」と言われたそうです。

拝見したところ、シミ部分はだいぶ薄くなっている様で、ある程度染み抜き処理を行ったのかと思われます。

色々処理した後の染み抜きでは完全に落とせない事があり、お客様には「出来る限りの事はさせて頂きます」とお伝え致しました。

結果は薄く残ってしまいましたが、着用できる状態には落とせたと思います。

他店で「落ちません」と言われたシミでも、もしかしたら落とせる可能性もありますので、諦めずにご相談ください。

Yシャツに付いたゲルインクの染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

「Yシャツの胸の部分に「ゲルインク」を付けてしまい、他店で染み抜きをして貰ったが落ちなかった」という品物の事例。

「ゲルインク」は落ちにくいシミの一つ。

以前紹介した事例(コチラ)にも同じ様な事を書いたと思いますが、普通のインクのペンを使用して頂きたいと思うのは、クリーニング屋だけでしょうか?

自分が使っているペンのインクの種類まで確認して使っている人も稀だとは思います(私も普段は気にしませんから・・・)し、そもそも衣類にシミを付けるなんて想定している人もまず居ないでしょう。

以前、染み抜きの会合であるクリーニング店主がゲルインクのシミが落ちないので、メーカーに問い合わせたところ・・・・

「落ちないようなインクを作っているんです。」という回答が返ってきたという事を聞いたことがあります。

メーカーが研究を重ねて落ちないインクを開発する反面、それを必死で落とそうとするクリーニング店。

何とも滑稽な話ですが、それぞれの業種で目的としている事が違えばこそ起こりうる現象ですし、

ご家庭で簡単に落とせてしまう様では我々クリーニング店も必要無い訳ですから、複雑な気持ちです。

今回も完全には落とす事が難しかったのですが、だいぶ薄くすることには成功しました。

ゲルインクのシミでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

綿シャツ 全体的なカビの染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 語

しみ抜き 語

 
「綿シャツを仕舞っておいたら、全体的にカビが発生してしまった」とご依頼を頂きました。

最初、着用したあと洗濯せずに仕舞われてカビが出てしまったものだと思ったら、

一応、洗濯をして仕舞っておいたのにカビが出てしまったとの事です。

保管中の条件が悪かったのでしょうか?

全体的に「カビ落とし」の処理を行いましたが、ストライプの柄にも影響が出ずに綺麗に落とせたと思います。

カビのトラブルでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

ヴィクティム(VICTIM) 革デッキシューズのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

ヴィクティム(VICTIM)はアメリカンカジュアルやワーク、ミリタリーといった要素を入れた服を作っている若者を中心に人気の日本のファッションブランド。

今回は当店のお得意様の一人、とてもオシャレなイケメン好青年という印象のお客様からヴィクティム(VICTIM)の「革デッキシューズ」のクリーニングを承りました。

全体的にホコリ等は付着していましたが、シミなどの汚れは無かったのでウエット・クリーニングにてメンテナンスをいたしました。

皮革製品をクリーニングする際には汚れを落とす事と共に、皮の持っている油分までも抜け落ちてしまうので、皮用の栄養を補給しながら洗浄するようにします。

洗い上がりは本来持っている革のツヤ・しなやかさが蘇り、整形仕上げにより履きグセ等を修正いたします。

貴方の革靴、汚れてくたびれてはいませんか?

革靴のメンテナンスも承っておりますので、稲村ドライへご相談ください。

綿ブラウス、色ハゲの修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

濃い焦げ茶色の綿ブラウスの前身頃に2か所、色ハゲがありました。

比較的小さい色ハゲでしたが、濃い色のブラウスでしたから結構目立ってしまいます。

おそらくこれは何かの薬品が知らぬ間に付いてしまい、色ハゲとなってしまったのだと思います。

「薬品」と書きましたが、色を剥いでしまうものは『漂白剤』だけではなく、

「お掃除洗剤」や「美容院で使われる薬品」、「化粧品」等でも染色の弱い衣類であれば色が抜けてしまう事があります。

色ハゲしてしまった品物は、染み抜きではなく“ 染色補正 ”により修正をいたします。

今回は修正する範囲が小さかったので、違和感も出ず修正出来たと思います。

衣類の色ハゲでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

カーテンに付いた、毛染め液の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

ご家庭で「毛染め」をした時にソファーに腰掛け休んでいたら、後ろにあったカーテンに『毛染め液』が付いてしまったという事です。

結構、大量に付いていましたが「シミは早めに処理をした方が良い」ということをご存じだったお客様でしたので、

すぐにご連絡を頂きまして、染み抜き処理ができましたので綺麗に落とせたと思います。

『毛染め』・・・「落ちない染み」と思われていらっしゃる方も多いとは思いますが、

適切な処理をすれば殆どは落とす事が可能だと思います。

大切なお品物に「毛染め液」が付いてしまってお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

 

UGG(アグ)ムートンブーツ、つま先の雨シミのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

UGG(アグ)ムートンブーツ の つま先部分に「雨シミ」ができてしまったもののクリーニング事例です。

ムートンのブーツは暖かいので近年大流行のアイテムですが、雨や雪などの水分を吸いやすいので「雨シミ」になりやすい品物です。

関東地方の冬など、寒くても天気の良い日に履くのには最適なアイテムかもしれませんが、

ココ新潟の『湿った雪』が多い冬場に履くブーツとしてはあまり適していない様に感じます。

それでも履きたいという方は、購入されたらまず【撥水加工】をしていただくと幾らかは防げると思います。

UGG(アグ)ムートンブーツのつま先に「雨しみ」はありませんか?

そんなトラブルでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

保管中に「カビ」が発生した本革ロングブーツのクリーニング。

クリーニング 前

クリーニング 前

クリーニング 後

クリーニング 後

 

シーズンになったので履こうと思い取り出したら、保管中に「カビ」が出てしまった本革ロングブーツのクリーニング事例。

ブーツ(靴)は、余程汚れてしまわない限り、お手入れせずにそのまま保管してしまっているのではないでしょうか?

専用のクリーナーで汚れを落とし、クリームを塗ってから保管を・・・・などとマメにメンテナンスをしている方も中にはいらっしゃるでしょうが、

革製品は条件(湿度・温度・栄養)が揃えば「カビ」が発生してしまう事があります。

症状の軽いモノでしたら専用クリーナーで落とすか、もっと手軽にするなら固く絞ったタオルでふき取れば落とせる場合もあります。

しかし、何かとムレ易いブーツ、特にロングブーツにカビが発生した場合などはこの際「丸洗い」をしてサッパリさせる事をおすすめ致します。

ちょっとニオイが気になり出したブーツや、汚れ・カビが付いたブーツなどがございましたら、
稲村ドライへご相談ください。

綿ジャケットの袖に付いたコーヒーの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

綿のジャケットの袖にコーヒーの染みが付いた品物の染み抜き事例です。

染みが付いてから時間が経っていたらしく、簡単には落ちてはくれませんでしたが、

白っぽい素材の品物でしたので、ダメージも出ずに綺麗に染み抜きできたと思います。

最近では「着る時にシミがあったのでクリーニングに出す」という方が多くなってきているようですが、

時間が経過してしまうと「簡単に落とせる染み」も「落ちにくいシミ」に変化してしまい、

結果、品物に掛かる負担も多くなりますし、染み抜き代金も割高となってしまう事にもなりますので、

着用したなら、お仕舞になる前にクリーニング店にご依頼くださるようにして頂きたいと思います。

プラダ(PRADA)バッグに付いたボールペンのシミ抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

プラダ(PRADA)の革バッグにボールペンのシミが付いた品物の染み抜きとクリーニングの事例。

お客様からは「ボールペンのシミが付いたので、落として欲しい」と、ボールペンの染み抜き依頼でした。

先にボールペンのシミ部分を処理して行きましたが、革の表面にダメージを与えないように慎重に処理しました。

無事にボールペンのシミは落とす事が出来たのですが、全体的に薄汚れていた為に染み抜き処理した部分が綺麗になり過ぎて目立ってしまいました。

その違和感(段差)を無くすためには『汚し』と言い、綺麗になり過ぎた部分をくすませる様にする事もあるのですが、

折角なので、お客様に了解を得て全体を綺麗にすることとなりました。

(汚れていたため)オフホワイトのバッグでしたが、仕上げの磨きにより光沢も出て、元の輝くような白いバッグの状態を取り戻す事ができました。

バッグのトラブルでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。