新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

Yシャツの染み抜き

新品のシャツに付いたワインのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

新品のシャツにどの様な訳かワインをこぼし、シミになったという事例。

シャツにはまだ、商品説明のタグが付いておりました。

おそらく着用していない品物だったのではないかと思います。

着用前にこの様なシミを付けてしまったとなると、相当なショックをお受けになられたでしょう。

染み抜き後に水洗いをするために、商品説明のタグは取らせて頂きました。

シミが付いて間もないこともあり、生地を傷めることもなく綺麗に落とせたと思います。

ワインのシミが付いてお困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

Yシャツに付いた大量のワインのシミ

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

大量のワインが掛かってしまったYシャツ。

 

ワインのコルクを抜く時に勢いあまって掛かってしまったのか?

パーティーの席で予期せずワインを掛けられた不幸な事故なのか?

それとも・・・酔っ払って自分で掛けてしまったのか?

 

どんな事情が有ろうとも私達クリーニング店には関係がございません。

ワインが付いてしまったのなら、染み抜きして落とすのみです。

お客様がお困りの場合、どのような経緯があろうともご依頼くださったらベストを尽くします。

今回は大量に付いていたので結構な手間が掛かってしまいましたが、綺麗になって良かったです。

ワインのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

VICTIM(ヴィクティム)、シャツに付いた色素の染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

人気ブランド、VICTIM(ヴィクティム)のシャツを家庭で洗濯をしたら何かから赤い色が移ってしまった。

VICTIM(ヴィクティム)のデザイナー、下鳥直之さんは新潟出身ということも関係あるのか無いのか分かりませんが、

当店では、若い男性のお客様達から度々ご依頼いただくことの多いブランドです。

今回は家庭洗濯での移染トラブル。

家庭洗濯で移染した場合は、すぐに移染した品物だけをもう一度洗濯し直せば落ちる事も多いと思いますが、

移染したのを知らずに乾かしてしまうと普通に洗濯をしただけでは落とすことが難しくなります。

移染のトラブルを防ぐには「色柄物は分けて洗う」というのが一番ですので、

大切なお品物の場合は特に、ひと手間掛けてお手入れしてあげるようにしてください。

画像に写っている箇所以外にも幾つか有ったので多少、手間が掛かってしまいましたが、

今回は色素抜きの染み抜き処理により落とすことができて良かったです。

移染のトラブルでお困りではありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

Yシャツに付いたゲルインクの染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

「Yシャツの胸の部分に「ゲルインク」を付けてしまい、他店で染み抜きをして貰ったが落ちなかった」という品物の事例。

「ゲルインク」は落ちにくいシミの一つ。

以前紹介した事例(コチラ)にも同じ様な事を書いたと思いますが、普通のインクのペンを使用して頂きたいと思うのは、クリーニング屋だけでしょうか?

自分が使っているペンのインクの種類まで確認して使っている人も稀だとは思います(私も普段は気にしませんから・・・)し、そもそも衣類にシミを付けるなんて想定している人もまず居ないでしょう。

以前、染み抜きの会合であるクリーニング店主がゲルインクのシミが落ちないので、メーカーに問い合わせたところ・・・・

「落ちないようなインクを作っているんです。」という回答が返ってきたという事を聞いたことがあります。

メーカーが研究を重ねて落ちないインクを開発する反面、それを必死で落とそうとするクリーニング店。

何とも滑稽な話ですが、それぞれの業種で目的としている事が違えばこそ起こりうる現象ですし、

ご家庭で簡単に落とせてしまう様では我々クリーニング店も必要無い訳ですから、複雑な気持ちです。

今回も完全には落とす事が難しかったのですが、だいぶ薄くすることには成功しました。

ゲルインクのシミでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

綿シャツ 全体的なカビの染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 語

しみ抜き 語

 
「綿シャツを仕舞っておいたら、全体的にカビが発生してしまった」とご依頼を頂きました。

最初、着用したあと洗濯せずに仕舞われてカビが出てしまったものだと思ったら、

一応、洗濯をして仕舞っておいたのにカビが出てしまったとの事です。

保管中の条件が悪かったのでしょうか?

全体的に「カビ落とし」の処理を行いましたが、ストライプの柄にも影響が出ずに綺麗に落とせたと思います。

カビのトラブルでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

Yシャツに付いた血液の染み抜き。

しみ抜き 前

 

 

 

しみ抜き 途中

しみ抜き 後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yシャツの袖部分に「血液の染み」が付いた品物の染み抜き事例です。
血液の染みは”落ちにくい染み”と言われていますが、Yシャツに付いたばかりであれば比較的落とすには苦労しないと思います。
しかし・・・時間が経ってしまっていたり熱を掛けてしまっていると途端に「落とし難い染み」に変化してしまうので注意してください。
家庭での処理のポイントとして、
付いたばかりであれば、石鹸でシミ部分をつまみ洗いすれば大体は落ちると思われます。
その時に注意して欲しいのが、『熱いお湯』は使用せず、常温の水で処理してください。
その後、通常の洗濯をして頂ければOKです。

(注)以上の処理は、ご家庭で洗濯が出来る素材の品物に限ります。心配の場合はクリーニング店にご依頼ください。

 

 

 

 

 

Yシャツ袖に付いた、朱肉の染み

染み抜き 前

染み抜き 後

これも「他店に出したが落ちなかったので落としてほしい」と依頼された品物です。
お預かりした時点で染みの箇所を処理した形跡があり、高温のプレスをした後だった為、苦労しました。
ストライプ柄を消さない様に処理し、多少残ってしまいましたがお客様には喜んで頂きました。

Yシャツ、衿の汗染み・黒ずみ

染み抜き 前

染み抜き 

Yシャツの襟の皮脂汚れ。
左側の画像のYシャツは一度クリーニングに出されたものらしいです。汚れが酷いと通常の処理では落としきれなくなってしまうのですが、当店で少し手間をかけて洗ったら・・・・・