新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

染みの種類

毛皮襟巻、変色・色抜けの修正

修正 前

修正 後

収納中に変色・色抜けしてしまった毛皮襟巻の染色補正の事例。

クローゼッツトに保管していて、いざ使おうと思って出してみたらこのような状態になっていたそうです。

原因は不明ですが、変色・色抜けしてしまった事は間違いないので染色補正にて修正いたしました。

上の画像で修正前と後とでは全体の色合いが違いますが、撮影時のライトの加減で差がでているだけです。

修正した箇所は色が抜けた部分のみ修正をいたしました。

毛皮の脱色部分に色を入れていくのですが、簡単には色が入っていかず苦労しました。

何度も同じ作業を繰り返し、何とか修正できたと思います。

毛皮は紫外線やガスなどにより変色しやすい品物なので、保管には注意してください。

毛皮の「変色・色抜け」のトラブルは稲村ドライへご相談ください。

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟の黄ばみ汚れ

染み抜き 前

染み抜き 後

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟が黄ばんでいたものの染み抜き事例。

素材は綿のレインコート。

着用すればどんな衣類も汚れてしまいます。

汚れは「普通に洗えば」ほとんど落とす事は可能ですが、時間が経ってしまうと酸化して黄ばんでしまいます。

そうなると「普通に洗って」も落ちない汚れに変化してしまうのです。

この事は以前から何度も色々な所で言われてきたことで、お客様も何となくは分かっていることだと思います。

しかし、1回しか着用していない・・・まだそんなに汚れていない・・・など、

知らず知らずのうちに汚れたまま放置し、『時間』が経過して【落ちにくい汚れ】に変化させてしまっているのです。

では、いつ洗えば良いの!? 

と、お考えでしょうが、私にもハッキリした洗うタイミングは分かりません。

1回でも着用したら・・・と言いたいところですが、現実的ではありませんし、

そこのところはお客様自身が衣類の状態を見てご判断されることだと思います。

一つ言える事として、「落ちにくい汚れ」に変化してしまうと染み抜き代も掛かってしまい経済的ではありませんし、

通常、クリーニングでは衣類が傷むことはありませんが、

汚れ(シミ)を落とす為に強い染み抜き剤を使用すれば通常の洗いよりは生地を傷める事もあるかも知れません。

大切なお洋服ならなおさら、日々衣類の状態を見て適切なメンテナンスのタイミングを計ってください。

大切なお洋服のメンテナンスは、稲村ドライへご相談ください。

迷彩柄のバッグに付いたシミ抜き

染抜き 前

染抜き 後

迷彩柄のバッグの角にシミが付いた品物の「染み抜き」と「染色補正」の事例。

バッグの中に何か入れておいた物が漏れて角にシミが出来てしまいました。

シミ自体はさほど難易度の高い染み抜きではありませんでしたが、

バッグの角部分ということで、処理するのが困難な箇所の為に苦労しました。

結果は綺麗に染み抜きができたのですが、実は染み抜き時に迷彩柄も落ちてしまいました。

染み抜き完了後に落ちてしまった迷彩柄を染色補修し、作業完了です。

バッグにシミを付けてしまったら、稲村ドライへご相談ください。

ウールスカートに付いた赤ワインのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

 
白いウールのスカートに赤ワインのしみが付いた品物の染み抜き事例。

前裾の部分に結構な量の赤ワインのしみが付いていました。

シミ部分は完全に乾いた状態でしたが、付いてからさほど時間は経っていないようです。

同じ「しみ」であっても付いている生地によって難易度は異なります。

薄いポリエステル生地に付いていたならば作業も比較的楽にこなせる場合が多いですが、

今回のように厚いウール生地に付いてしまった場合は少しばかり手間が掛かってしまいます。

処理した部分の生地にダメージを出さない様に慎重に処理いたしました。

結果、ダメージを与えることなく綺麗に落とせたと思います。

赤ワインのしみでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

新品のシャツに付いたワインのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

新品のシャツにどの様な訳かワインをこぼし、シミになったという事例。

シャツにはまだ、商品説明のタグが付いておりました。

おそらく着用していない品物だったのではないかと思います。

着用前にこの様なシミを付けてしまったとなると、相当なショックをお受けになられたでしょう。

染み抜き後に水洗いをするために、商品説明のタグは取らせて頂きました。

シミが付いて間もないこともあり、生地を傷めることもなく綺麗に落とせたと思います。

ワインのシミが付いてお困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

ツイードジャケットに付いたペンキのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

ツイードジャケットの袖にペンキが付いた品物の染み抜き事例。

今回も何で付いたかは不明ですが、このままでは着用出来ませんので染み抜きしていきます。

ペンキのシミはペンキを溶解させて取り除く作業となりますが、

今回はツイードのジャケッツトということで、生地が厚いということから作業をするうえで、

出来るだけ生地の中に入り込ませないように工夫しながら染み抜き作業を行いました。

結果、ツイード生地も傷めることなく無事に落とす事が出来ました。

ペンキのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

綿パンツ、ボールペンの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

綿パンツの脇部分にボールペンのシミが付いた品物の染み抜き事例。

画像を見て頂けたら分かると思いますが、おそらくボールペンの先が出ているのを知らずに何度も擦られたような感じでシミになっています。

付いてから時間も経っておらず、付いたボールペンも「ゲルインク」ではなかった事が幸いし、

染み抜きで綺麗に落とす事ができました。

ボールペンのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

【 ARMANI 】 アルマーニ、ジャケット袖に付いた朱肉のシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

アルマーニ【 ARMANI 】ジャケットの袖に付いた朱肉のシミ抜き事例。

どうして付いたのかは分かりませんが、左袖に幾か所かに結構濃く付いていました。

シミを付けてから時間を置かずにお持ち頂けたので比較的難しい染み抜き処理では無いと思えましたが、

そこは【 ARMANI 】 アルマーニのジャケットということで、染み抜き処理も慎重に行いました。

結果、何もせず、早めにお持ち頂いたということもあり、完全に落とす事が出来て良かったです。

高級ブランド物にシミを付けてしまい、お困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

 

制服ブラウスに付いた赤インクの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

事務服ブラウスに赤インクが付いてしまった品物の染み抜き事例。

最初、ご家庭で洗濯をしてみたが落ちなかったとの事です。

シミによって違いますが、インクのシミはご家庭で落とす事は難しいと思います。

シミを付けてしまって慌てて洗濯をしてしまいがちですが、

適切な処理をしないと落ちないばかりか、落ちにくくなってしまう場合もありますので、

特殊なシミの場合は『何もせず、早めに』クリーニング店へご相談ください。

今回は比較的、処理しやすい素材だった為に綺麗に落とす事が出来て良かったです。

インクのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

綿ブラウス、全体に付いたシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

綿ブラウスに全体的にシミの付いた品物の染み抜き事例。

何かをひっくり返したのか??お品物を見て思った事は、

「これ程までにシミになっているという事はご本人様にも相当な被害があったのではないか?」と、心配になりました。

事の成り行きや被害状況などは聞きませんでしたが、相当古いシミだという事らしいです。

「もし落ちるならお願いします。」とお預かりいたしました。

全体的に何かこぼされた様なシミと、汗ジミも見られました。

それぞれを1か所づつ染み抜きをして行きましたので大変手間の掛かる作業でしたが、綺麗に落とせて良かったです。

古いシミで諦めているお品物はございませんか? 稲村ドライへご相談ください。

1 / 1412345...10...最後 »