新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

インク・墨の染み抜き

ツイードジャケットに付いたペンキのしみ。

染み抜き 前

染み抜き 後

ツイードジャケットの袖にペンキが付いた品物の染み抜き事例。

今回も何で付いたかは不明ですが、このままでは着用出来ませんので染み抜きしていきます。

ペンキのシミはペンキを溶解させて取り除く作業となりますが、

今回はツイードのジャケッツトということで、生地が厚いということから作業をするうえで、

出来るだけ生地の中に入り込ませないように工夫しながら染み抜き作業を行いました。

結果、ツイード生地も傷めることなく無事に落とす事が出来ました。

ペンキのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

綿パンツ、ボールペンの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

綿パンツの脇部分にボールペンのシミが付いた品物の染み抜き事例。

画像を見て頂けたら分かると思いますが、おそらくボールペンの先が出ているのを知らずに何度も擦られたような感じでシミになっています。

付いてから時間も経っておらず、付いたボールペンも「ゲルインク」ではなかった事が幸いし、

染み抜きで綺麗に落とす事ができました。

ボールペンのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

【 ARMANI 】 アルマーニ、ジャケット袖に付いた朱肉のシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

アルマーニ【 ARMANI 】ジャケットの袖に付いた朱肉のシミ抜き事例。

どうして付いたのかは分かりませんが、左袖に幾か所かに結構濃く付いていました。

シミを付けてから時間を置かずにお持ち頂けたので比較的難しい染み抜き処理では無いと思えましたが、

そこは【 ARMANI 】 アルマーニのジャケットということで、染み抜き処理も慎重に行いました。

結果、何もせず、早めにお持ち頂いたということもあり、完全に落とす事が出来て良かったです。

高級ブランド物にシミを付けてしまい、お困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

 

制服ブラウスに付いた赤インクの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 後

事務服ブラウスに赤インクが付いてしまった品物の染み抜き事例。

最初、ご家庭で洗濯をしてみたが落ちなかったとの事です。

シミによって違いますが、インクのシミはご家庭で落とす事は難しいと思います。

シミを付けてしまって慌てて洗濯をしてしまいがちですが、

適切な処理をしないと落ちないばかりか、落ちにくくなってしまう場合もありますので、

特殊なシミの場合は『何もせず、早めに』クリーニング店へご相談ください。

今回は比較的、処理しやすい素材だった為に綺麗に落とす事が出来て良かったです。

インクのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

学生ズボンに付いたポスターカラーの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

学生ズボンに大量のポスターカラーが付いてしまった品物の染み抜き事例です。

体育祭の時のパネル制作の時にでも付いてしまったのでしょうか?

体操着を着て取り掛かれば良かったのでしょうが、

まさかこんなにも付いてしまうとは思わなかったのでしょう。

それに作業中は集中していて、付いてしまった事など気づきもしなかったのかも知れません。

びっくりしたのは帰宅した息子の学生ズボンがアーティスティックに変化したのを見たお母さんだったでしょう。

そんなお母さんより「何とか落として欲しい」とご依頼を頂きました。

大量に付いてはいますが、ポリエステル生地の学生ズボンは比較的、染み抜き処理はし易い生地です。

ですが今回のように大量に付いてしまっていると、さすがに手間は掛かってしまいます。

結果は、綺麗に染み抜きが出来て良かったです。

学生ズボンに付いたシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

VICTIM(ヴィクティム)、シャツに付いた色素の染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

人気ブランド、VICTIM(ヴィクティム)のシャツを家庭で洗濯をしたら何かから赤い色が移ってしまった。

VICTIM(ヴィクティム)のデザイナー、下鳥直之さんは新潟出身ということも関係あるのか無いのか分かりませんが、

当店では、若い男性のお客様達から度々ご依頼いただくことの多いブランドです。

今回は家庭洗濯での移染トラブル。

家庭洗濯で移染した場合は、すぐに移染した品物だけをもう一度洗濯し直せば落ちる事も多いと思いますが、

移染したのを知らずに乾かしてしまうと普通に洗濯をしただけでは落とすことが難しくなります。

移染のトラブルを防ぐには「色柄物は分けて洗う」というのが一番ですので、

大切なお品物の場合は特に、ひと手間掛けてお手入れしてあげるようにしてください。

画像に写っている箇所以外にも幾つか有ったので多少、手間が掛かってしまいましたが、

今回は色素抜きの染み抜き処理により落とすことができて良かったです。

移染のトラブルでお困りではありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

Yシャツに付いたゲルインクの染み抜き。

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

「Yシャツの胸の部分に「ゲルインク」を付けてしまい、他店で染み抜きをして貰ったが落ちなかった」という品物の事例。

「ゲルインク」は落ちにくいシミの一つ。

以前紹介した事例(コチラ)にも同じ様な事を書いたと思いますが、普通のインクのペンを使用して頂きたいと思うのは、クリーニング屋だけでしょうか?

自分が使っているペンのインクの種類まで確認して使っている人も稀だとは思います(私も普段は気にしませんから・・・)し、そもそも衣類にシミを付けるなんて想定している人もまず居ないでしょう。

以前、染み抜きの会合であるクリーニング店主がゲルインクのシミが落ちないので、メーカーに問い合わせたところ・・・・

「落ちないようなインクを作っているんです。」という回答が返ってきたという事を聞いたことがあります。

メーカーが研究を重ねて落ちないインクを開発する反面、それを必死で落とそうとするクリーニング店。

何とも滑稽な話ですが、それぞれの業種で目的としている事が違えばこそ起こりうる現象ですし、

ご家庭で簡単に落とせてしまう様では我々クリーニング店も必要無い訳ですから、複雑な気持ちです。

今回も完全には落とす事が難しかったのですが、だいぶ薄くすることには成功しました。

ゲルインクのシミでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

カーテンに付いた、毛染め液の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

ご家庭で「毛染め」をした時にソファーに腰掛け休んでいたら、後ろにあったカーテンに『毛染め液』が付いてしまったという事です。

結構、大量に付いていましたが「シミは早めに処理をした方が良い」ということをご存じだったお客様でしたので、

すぐにご連絡を頂きまして、染み抜き処理ができましたので綺麗に落とせたと思います。

『毛染め』・・・「落ちない染み」と思われていらっしゃる方も多いとは思いますが、

適切な処理をすれば殆どは落とす事が可能だと思います。

大切なお品物に「毛染め液」が付いてしまってお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

 

プラダ(PRADA)バッグに付いたボールペンのシミ抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

プラダ(PRADA)の革バッグにボールペンのシミが付いた品物の染み抜きとクリーニングの事例。

お客様からは「ボールペンのシミが付いたので、落として欲しい」と、ボールペンの染み抜き依頼でした。

先にボールペンのシミ部分を処理して行きましたが、革の表面にダメージを与えないように慎重に処理しました。

無事にボールペンのシミは落とす事が出来たのですが、全体的に薄汚れていた為に染み抜き処理した部分が綺麗になり過ぎて目立ってしまいました。

その違和感(段差)を無くすためには『汚し』と言い、綺麗になり過ぎた部分をくすませる様にする事もあるのですが、

折角なので、お客様に了解を得て全体を綺麗にすることとなりました。

(汚れていたため)オフホワイトのバッグでしたが、仕上げの磨きにより光沢も出て、元の輝くような白いバッグの状態を取り戻す事ができました。

バッグのトラブルでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

事務服ベストの胸ポケットに入れていた「蛍光ペン」から出たインクの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

事務服ベストの胸ポケットに差していた「蛍光ペン」からインクが漏れてシミになってしまいました。

事務服という事で、ご家庭でも洗濯の出来る素材なので洗濯をしてみましたが、落ちてはくれなかった様です。

いつもの『インク』の染み抜き法ということで、下に敷いたペーパーに移し取る作業を繰り返していきます。

作業を進めて行く度に蛍光ペンのシミは段々と薄くなって行き、最終的には綺麗に落とせたと思います。

「蛍光ペン」のインク爆発などのトラブルが御座いましたら、稲村ドライへご相談ください。

1 / 212