新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

色褪せ・染色補正

色の問題は、染色補正によって解決します。

毛皮襟巻、変色・色抜けの修正

修正 前

修正 後

収納中に変色・色抜けしてしまった毛皮襟巻の染色補正の事例。

クローゼッツトに保管していて、いざ使おうと思って出してみたらこのような状態になっていたそうです。

原因は不明ですが、変色・色抜けしてしまった事は間違いないので染色補正にて修正いたしました。

上の画像で修正前と後とでは全体の色合いが違いますが、撮影時のライトの加減で差がでているだけです。

修正した箇所は色が抜けた部分のみ修正をいたしました。

毛皮の脱色部分に色を入れていくのですが、簡単には色が入っていかず苦労しました。

何度も同じ作業を繰り返し、何とか修正できたと思います。

毛皮は紫外線やガスなどにより変色しやすい品物なので、保管には注意してください。

毛皮の「変色・色抜け」のトラブルは稲村ドライへご相談ください。

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟の黄ばみ汚れ

染み抜き 前

染み抜き 後

INDIVI(インディヴィ)、レインコート襟が黄ばんでいたものの染み抜き事例。

素材は綿のレインコート。

着用すればどんな衣類も汚れてしまいます。

汚れは「普通に洗えば」ほとんど落とす事は可能ですが、時間が経ってしまうと酸化して黄ばんでしまいます。

そうなると「普通に洗って」も落ちない汚れに変化してしまうのです。

この事は以前から何度も色々な所で言われてきたことで、お客様も何となくは分かっていることだと思います。

しかし、1回しか着用していない・・・まだそんなに汚れていない・・・など、

知らず知らずのうちに汚れたまま放置し、『時間』が経過して【落ちにくい汚れ】に変化させてしまっているのです。

では、いつ洗えば良いの!? 

と、お考えでしょうが、私にもハッキリした洗うタイミングは分かりません。

1回でも着用したら・・・と言いたいところですが、現実的ではありませんし、

そこのところはお客様自身が衣類の状態を見てご判断されることだと思います。

一つ言える事として、「落ちにくい汚れ」に変化してしまうと染み抜き代も掛かってしまい経済的ではありませんし、

通常、クリーニングでは衣類が傷むことはありませんが、

汚れ(シミ)を落とす為に強い染み抜き剤を使用すれば通常の洗いよりは生地を傷める事もあるかも知れません。

大切なお洋服ならなおさら、日々衣類の状態を見て適切なメンテナンスのタイミングを計ってください。

大切なお洋服のメンテナンスは、稲村ドライへご相談ください。

IL BISONTE(イル ビゾンテ)革サイフのリカラー

修正 前

修正 後

IL BISONTE(イル ビゾンテ)の革サイフのリカラーの事例。

まず、お品物を納品した後に「口コミ」サイトに投稿して頂いた時の言葉。

(引用はじめ)

買ったばかりの革財布を雪道に落として、うすい色の財布に黒いシミがついてしまいました。途方に暮れながら、何とか綺麗に修復してくれるお店はないかと探して辿り着いたのが稲村ドライさんでした。ホームページの問い合わせフォームからメールでご相談させていただき、その後すばやく的確な返信をいただけました。後日持ち込みをしたところリカラーの提案をいただき、「うちでよければ頑張ってみます」と言っていただけましたのでお願いしました。上から色を塗るということで、色味が変わるかもしれない、塗ったことですごくバリバリとした生地感になっていたらどうしよう、何よりシミが消え切らなかったらどうしよう…など色々不安はありましたが、受け取りに行ってビックリ。新品同様、とっても綺麗にお直ししていただき感激しました。細かいところまで配慮して作業していただき、どこにシミがあったのか全く分からない状態かつ、色味や質感も違和感なく使用できる状態となり、とても感謝しております。この仕上がりで料金6000円+税とお安く、さらに驚きました。本当にありがとうございました。大切に使っていきたいと思います。

(引用おわり)

 

色合いも風合いもご満足行けたとコメントして頂き、安心したと共にとても嬉しく光栄に思います。

革サイフの染み抜きのご相談でしたがお品物を拝見させて頂いたところ、染み抜きでは対応しきれないような状態でしたので、リカラーをご提案させていただきました。

リカラーの前に染み抜きも試してみたのですがあまり良い結果が得られず、リカラーの処理となってしまいました。

とても微妙な色合いのお財布でしたので出来る限り薄くリカラーをしようと務めましたが、シミ部分を隠す為に思いのほか厚く塗らなくてはならず、風合いの変化が出ないように作業いたしました。

料金についてもご満足頂けたようで何よりです。

今回の事例はこのような金額となりましたが、同じ革サイフであっても状態により金額は変わってきてしまいます。

シミ部分の隠蔽などの作業が無く、スレ直し程度のものであればもう少し金額も抑えられる可能性もあります。

革サイフのトラブルでお困り事がありましたら、稲村ドライへご相談ください。

迷彩柄のバッグに付いたシミ抜き

染抜き 前

染抜き 後

迷彩柄のバッグの角にシミが付いた品物の「染み抜き」と「染色補正」の事例。

バッグの中に何か入れておいた物が漏れて角にシミが出来てしまいました。

シミ自体はさほど難易度の高い染み抜きではありませんでしたが、

バッグの角部分ということで、処理するのが困難な箇所の為に苦労しました。

結果は綺麗に染み抜きができたのですが、実は染み抜き時に迷彩柄も落ちてしまいました。

染み抜き完了後に落ちてしまった迷彩柄を染色補修し、作業完了です。

バッグにシミを付けてしまったら、稲村ドライへご相談ください。

綿ブラウス、全体に付いたシミ

染み抜き 前

染み抜き 後

綿ブラウスに全体的にシミの付いた品物の染み抜き事例。

何かをひっくり返したのか??お品物を見て思った事は、

「これ程までにシミになっているという事はご本人様にも相当な被害があったのではないか?」と、心配になりました。

事の成り行きや被害状況などは聞きませんでしたが、相当古いシミだという事らしいです。

「もし落ちるならお願いします。」とお預かりいたしました。

全体的に何かこぼされた様なシミと、汗ジミも見られました。

それぞれを1か所づつ染み抜きをして行きましたので大変手間の掛かる作業でしたが、綺麗に落とせて良かったです。

古いシミで諦めているお品物はございませんか? 稲村ドライへご相談ください。

革バッグ、色移りの染み抜き、クリーニング

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

黒い洋服を着用していた時に、肩からこちらのバッグを掛けていたら色移りをしてしまったというトラブルです。

染色の弱い品物や、デニム製品などを着用していると、稀にスレなどにより他の品物に色が移ってしまう事があります。

予防方法は色移りしやすい洋服(品物)を着ない事か、注意して着用することしか無いのでしょうか?

出来ることならこのような色が簡単に移ってしまうような品物は作って欲しくはないと思います。

今回お預かりしたバッグの革の質感を変化させたくなかったので、出来たら染色による修正はしたくはありませんでした。

処理方法としては出来るところまで染み抜き処理により色を落としてから革バッグ・クリーニングをいたしました。

結果、ほとんど移った色を落とすことが出来て良かったです。

バッグや洋服に色移りしたトラブルでお困りではありませんか?稲村ドライへご相談ください。

白綿パンツ 色移りの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

白の綿パンを履いている時に何かに腰かけたのか、一緒に着ていた衣類からの色移りなのか?

青い色が股からおしりの辺りに付いています。

よく有るのが、デニムを重ね着していると一緒に着ていた品物に色移りしてしまったというご依頼があります。

今回もその様なトラブルでご相談がありました。

染み抜きは手間の掛かる作業となりましたが、地色が「白」なので元の色を抜く心配が無い代わり、

少しでも残っていると目立ってしまうので、完全に取り除かなければなりません。

結果は上手く染み抜き出来たと思います。

パンツの色移りのトラブルでお困りではありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

フードに付いている「ファー」、変色の修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

 

ダウンコートなどのフードに付いている「ファー」本来の役割は、

ファーで顔周りを覆うことにより凍結防止の為や、フード内への冷気・風の進入を防ぐそんな役割でファーが付いているそうです。

そんな役割を持つ「ファー」が変色してしまった品物の修正事例。

お客様は、変色してしまったから見た目が悪いので取り外そうかとも考そうですが、

お客様曰く、「ファーが付いていると、フードが脱げなくて良いのよ」と、

ダウンコートのフードの重さとのバランスの為に必要とのことで、

出来たら色掛けをして修正できないものかとご依頼くださいました。

抜けてしまった色を補うことにより、何とか修正できたと思います。

毛皮・皮革製品のトラブルでお困りではありませんか?

そんな時は、稲村ドライへご相談ください。

濃い色のパーカー、日焼けによる色ハゲの修正。

修正 前

修正 前

修正 後

修正 後

「保管していたら、何だか分からないけど色が抜けていた」とご依頼を頂いたお品物。

濃い焦げ茶色のパーカー(綿)のフード部分から肩にかけて色ハゲが見られます。

おそらく保管中に紫外線や蛍光灯の光によって退色してしまったものと思われます。

お店に色が抜けてしまった品物を持ち込まれ「しみ抜きできますか?」とお問い合わせ頂く事がございますが、

色が抜けてしまった物は『しみ抜き』では対処できません。

色ハゲの場合は【元々の色が無くなってしまった】ので、無くなった色を補っていく作業となります。

今回は、クリーニング後に「染色補正」により修正いたしました。

広範囲による色ハゲの場合、修正後に違和感が出る可能性もありましたが、

気になるような違和感も無く修正できて良かったです。

お気に入りのお品物の「色ハゲ」でお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

シャツに付いた落ちないシミ

しみ抜き 前

しみ抜き 前

しみ抜き 後

しみ抜き 後

「他店へクリーニングに出しましたが落ちませんでした」とご相談を受けたシャツの事例です。

当店と取引のある業者様から営業に来たときに「古いシミなんだけど、落とせますか?」と相談された品物。

だいぶ古いシミで、他店へクリーニングに出したのですが『落ちません』の札と一緒に返されたそうです。

見てみると時間が経ってしまい、シミが黄変しているのが分かります。

このようなシミの場合は漂白処理をしなければならないので、古いシミの場合は生地の地色まで落としてしまう危険性があり、

大手の量販店では「手間」と「リスク」が掛かるため、『落ちません』の札を付けて返す場合が多いようです。

いつもの事ながらクリーニング店から『落ちません』の札を付けて返されたら

一般の消費者は「落ちないんだ」とあきらめてしまうでしょう?

実際は『落ちません』ではなく『落とせません』とお伝えすべきものだと思うのですが・・・・

しみ抜き作業は、基本処理では変化が見られなかったので、漂白処理により落としました。

テストで地色も剥げてしまう事が分かっていたので、極力地色を剥がさないように処理し、

しみ抜き後に抜けた色を染色補正により修正をいたしました。

他店で『落ちません』と言われた品物はありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

1 / 712345...最後 »