新潟市染み抜き自慢のクリーニング店・稲村ドライ

ズボンの染み抜き

ジーンズ、塩素による脱色。染色補正。

修正 前

修正 後

修正 前

修正 後

 

ジーンズの裾当たりに数か所、塩素による脱色がありました。

お客様は何時付いたのか不明とのことですが、裾付近の脱色から「トイレ洗浄剤」などによるものだと思われます。

付いたばかりでは反応も無く気が付かないことも多いですが、

時間や熱が掛かることにより反応して脱色をしてしまいます。

今回は染色補正により脱色した部分に色を入れて行きました。

ジーンズ生地の風合いを損なわないように修正するのに苦労しましたが、分からない位には修正できたと思います。

塩素による脱色でお困りではありませんか?

稲村ドライへご相談ください。

綿パンツ、ボールペンの染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 後

綿パンツの脇部分にボールペンのシミが付いた品物の染み抜き事例。

画像を見て頂けたら分かると思いますが、おそらくボールペンの先が出ているのを知らずに何度も擦られたような感じでシミになっています。

付いてから時間も経っておらず、付いたボールペンも「ゲルインク」ではなかった事が幸いし、

染み抜きで綺麗に落とす事ができました。

ボールペンのシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

白綿パンツ 色移りの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

白の綿パンを履いている時に何かに腰かけたのか、一緒に着ていた衣類からの色移りなのか?

青い色が股からおしりの辺りに付いています。

よく有るのが、デニムを重ね着していると一緒に着ていた品物に色移りしてしまったというご依頼があります。

今回もその様なトラブルでご相談がありました。

染み抜きは手間の掛かる作業となりましたが、地色が「白」なので元の色を抜く心配が無い代わり、

少しでも残っていると目立ってしまうので、完全に取り除かなければなりません。

結果は上手く染み抜き出来たと思います。

パンツの色移りのトラブルでお困りではありませんか? 稲村ドライへご相談ください。

学生ズボンに付いたポスターカラーの染み抜き

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

学生ズボンに大量のポスターカラーが付いてしまった品物の染み抜き事例です。

体育祭の時のパネル制作の時にでも付いてしまったのでしょうか?

体操着を着て取り掛かれば良かったのでしょうが、

まさかこんなにも付いてしまうとは思わなかったのでしょう。

それに作業中は集中していて、付いてしまった事など気づきもしなかったのかも知れません。

びっくりしたのは帰宅した息子の学生ズボンがアーティスティックに変化したのを見たお母さんだったでしょう。

そんなお母さんより「何とか落として欲しい」とご依頼を頂きました。

大量に付いてはいますが、ポリエステル生地の学生ズボンは比較的、染み抜き処理はし易い生地です。

ですが今回のように大量に付いてしまっていると、さすがに手間は掛かってしまいます。

結果は、綺麗に染み抜きが出来て良かったです。

学生ズボンに付いたシミでお困りの時は、稲村ドライへご相談ください。

INDIVI (インディヴィ) パンツに付いた不明なシミ。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

こちらも若い女性に人気のブランド、INDIVI (インディヴィ)のパンツの染み抜き事例です。

膝部分に何か不明のシミ(おそらく、食べ物のシミ)がついていましたが、無事に落とす事ができました。

このように比較的、簡単に落とせる「シミ」ばかりなら大助かりなのですが、すべてそのような品物ばかりではありません。

中でも厄介なのが『時間が経って古くなったシミ』・・・・

「古いシミ」自体が「落ちにくいシミ」になるという事もありますが、

長時間「シミ」が付いていた部分は、酸化等の変化により「生地が弱っている」事や「変色している」場合があり、

染み抜きを行おうとしても『生地自体が染み抜きに耐えられない』状態になっている事も稀に有ります。

いつも言っている事ですが、『シミが付いたら、早めにお手入れをしてください。』

それが「お品物」にも「お財布」にも優しい選択です。

シミが付いてお困りのお品物はございませんか? 稲村ドライへご相談ください。

ジーンズ、訳あり品の染み抜きとクリーニング。(菊池さんからのご紹介)

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

こちらのお品物は『居酒屋』の店員さんからのご依頼品で、何でも「お客様のジーンズに食べ物をこぼしてしまったので綺麗にしてください」という事でお預かりいたしました。

実はこちらのお品物は一度、他店のクリーニング店へ依頼しようとご相談されたそうです。

居酒屋の店員さんからしたら「お客様のお品物を汚してしまったので、出来る限りの事をしてお返ししなければ!」と、

ジーンズの取扱いに長けた方に依頼しようとネットで検索されて、ある1軒のクリーニング店にたどり着いたそうです。

そのクリーニング店とは、インターネット検索で「ジーンズ、染み抜き、クリーニング」等で検索をかけた場合に常に上位にヒットするほど『ジーンズ取扱いのプロ』として有名な、山形県の『菊池クリーニング』です。

実は『菊池クリーニング』様の菊池さんとはFB友達で、実際に勉強会などで何度かお会いしたことのある方です。

お客様からお聞きした内容ですと・・・「わざわざ県外まで送料を掛けて依頼しなくても、近くに処理できる店があるから」という事で当店をご紹介頂いたということでした。

菊池さんの考えは
「お客様のお品物という特殊な事例なので、実際に検品できる所で詳しく処理方法などを相談した方が良い」という事と、
「実物を見ないで電話だけでの対応では限界があり、わざわざ送って送料などの負担を掛けるより、地元で処理できそうな店を知っていた」という判断だと思いました。

商売ですから当店へ誘導しなくてもそのまま受けてしまわれても良かったはずですが、「お客様第一」という判断は見習いたいと思います。

さて、染み抜き結果ですが、ご心配されていたお品物の状態も変化すること無く綺麗に出来たと思います。

後日、「無事にお客様へお届けしてきました。」と、居酒屋の店員さんからご報告を頂きました事も本当に嬉しく思いました。

ジャージに付いた、古くなった血液の染み抜き。

染み抜き 前

染み抜き 前

染み抜き 後

染み抜き 後

 

こちらは「ジャージ」に血液がついたものの染み抜き事例です。

『血液』のシミ自体は、付いたばかりであれば「水」だけでも落とす事はできますが、

時間が経ってしまったモノに関しては、途端に「落ちにくいシミ」と変化してしまいます。

今回お預かりしたお品物も付いてから時間が経ってしまわれたようで、家庭洗濯では落とす事ができなかったという事でご依頼頂きました。

染み抜きは広範囲に付いていましたので、一ヵ所づつシミを抜いていく作業となり、

結構、時間と手間の掛かった作業となってしまいましたが、綺麗になって良かったです。

もし!血液のシミが付いてしまった時は・・・・・・

デリケートな品物の場合は、自分で処理せずにプロに出来るだけ早くご依頼頂く事をオススメします。(大抵のものは落ちます)

直ぐに依頼出来ない場合で家庭洗濯が出来るモノの場合は、できるだけ早く『水』(常温)で洗い流す事です。

少量の場合はその部分を摘み、部分的に洗い流せば良いですし、広範囲の場合は全体を『水洗い』することです。

【 血液のシミ 】でやってはイケない事は・・・温度をかける事。

血液は温度をかけるとタンパク質が硬化し取れにくくなるので、常温の水で洗濯をするようにしてください。

「お湯を使えば良く落ちるかも!?」と熱いお湯の中に血液シミの付いた品物を入れてしまうと落ちなくなります。

「生たまご」が茹でられて、固まり「ゆでたまご」状態になってしまうから・・・なんですが、逆に分かりづらい例えでしたでしょうか??

血液のシミでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

ズボンに付いた修正液の染み抜き。染み抜きの極意!?

染み抜き 前

染み抜き 後

今回の事例は、ウール・スラックスに修正液(ペンキ?)が付いた物の染み抜きです。

裾の方に2か所だけ、範囲も広くなかったので比較的楽に落とす事が出来ました。

しかも、染みを付けてから 「いじらず」「時間を置かず」にご依頼頂きましたので大変作業がし易く染み抜きできました。

染みを付けた時は何にでも言える事なのですが、「いじらない」「時間を置かない」事が染み抜きを容易にする一番のコツ。

「いじらない」・・・シミを付けてしまった時は、思わず何かで拭いてしまいがちですが、シミを繊維の中まで浸透させてしまう恐れがある事と、拭くことによりシミの範囲を広げてしまい、後からの処理に時間が掛かってしまう事があるからです。

「時間を置かない」・・・何のシミでもそうですが、付いたばかりの時は落ちやすいのです。時間が経つにつれ、硬化や酸化黄変などの変化が起きて落ちにくくなります。

落ちにくくなれば品物に掛かる負担も多くなりますし、染み抜き作業に掛かる手間も増える事になり、料金も割高になる可能性もあるので、シミを付けてしまったら「いじらず」「時間を置かず」を心掛けることこそ『染み抜きの極意』かもしれません。

ジーンズ、油シミの染み抜き事例。

染み抜き 前

染み抜き 後

家庭洗濯で落としづらい「シミ」の一つ、『油シミ』。

その『油シミ』がジーンズに付いてしまったので、落として欲しいとご依頼いただきました。

一応、ご家庭で洗濯はされた様ですが、家庭洗濯は「水洗い」ですので、『水溶性の汚れ』は落とす事が出来ても、“水には溶解しづらい”『油シミ』を落とす事は難しかったようです。

その難しい『油シミ』を落とす為には、『油』を水に溶解しやすくする為に色々な「染み抜き剤」や「前処理剤」を使い、『油シミ』の部分を処理してから洗濯をする事となる訳ですが、なかなか家庭では難しい作業だと思います。

今回ご依頼のジーンズは色の薄い品物でしたが、色落ちがあまり無い状態の色の濃い品物ですと、『油シミ』の部分を下手に染み抜き剤などで処理した場合、白くスレ等を起こしてしまう事も有りますので注意が必要です。

家庭洗濯では特にその様な事故が起こる可能性が高いので、いくら「家庭で洗濯の出来る」ジーンズであっても、

「家庭で落とせないシミ」が付いた場合には、プロに依頼するという事もお考え頂けたらと思います。

家庭洗濯で落とせない汚れ・シミでお困りでしたら、稲村ドライへご相談ください。

ウールズボンに付いた、接着剤のシミ。

染み抜き 前

染み抜き 後

「接着剤」のシミは落とし難いシミの中の1つです。

『接着剤』と一口に言っても、「のり」や「ボンド」、「瞬間接着剤」など色々な種類がありますが、

今回の事例は「瞬間接着剤」のシミでした。

専用の【染み抜き剤】も大量に使用しますし、時間と手間も掛かってしまう難易度の高いシミです。

その為、染み抜き料金もそれなりに掛かってしまうので、シミを付けない様にご注意を!

1 / 212